そもそもビットコインとは何か?メリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんのまわりでも「ビットコイン(仮想通貨)」という言葉を聞く機会が増えてきたのではないでしょうか?

2017年4月には、いわゆる仮想通貨法(改正資金決済法)が施行され、ビットコインの価格もどんどん高騰している現状を受けて、世間の注目度は高いです。

この記事では、ビットコイン(仮想通貨)のトレンドの波に少し乗り遅れてしまった方を対象に、「ビットコインとは何か?」について、わかりやすく説明します。

1.ビットコインとは?

ビットコインは、2008年10月にSatoshi Nakamoto(日本人?)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

そして2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。

仮想通貨の種類は、ビットコインだけではありません。ビットコイン以外の仮想通貨は、アルトコインと呼ばれ、界中に1,000種類以上存在するといわれています。

それぞれのコインによって、その特徴は異なります。この記事では、ビットコインについて扱います。

 

2.ビットコインの特徴

この章では、ビットコインの特徴を3つ挙げます。

(1)実体を持たないバーチャルな通貨

ビットコインはバーチャルな通貨のため、現金のように手で触ることはできません。

そのため、ウォレットと呼ばれるバーチャルな財布に入れて持ち運びます。

みなさんが、バーチャルな通貨といわれて、思い浮かべるのは、「電子マネー」や「ゲーム内通貨」だと思います。

しかし、ビットコインはそれらの通貨とも異なります。どのような違いがあるのかについては、また別の記事で記載したいと思います。

 

(2)P2P(Peer to Peer)ネットワーク

ビットコインは、特定の国や政府、銀行によって管理されている通貨ではありません。つまり、非中央集権的です。

それでは、どのように管理されているのでしょうか。それは、P2P(Peer to Peer)ネットワークによって、ビットコインの管理が行われています。

つまり、個人間の取引と信用によって、ビットコインネットワークは成り立っています。

 

(3)発行量の上限が決まっている

ビットコインは、発行量の上限が決まっています。それは、2100万ビットコインです。

ビットコインを新しく発行する方法のことをマイニング(採掘)と呼ぶのですが、採掘量は年々減少します。

現在は、1600万ビットコインが採掘済みとされ、2100万ビットコインに到達するのは、2140年だといわれています。

発行量が決まっているため、需要によって値段が変動するのです。

 

3.ビットコインのメリット

この章では、ビットコインのメリットを3つ挙げます。

(1)投資対象として魅力的

ビットコインは非常にボラティリティ(価格変動性)が大きいです。

そのため、タイミングよく売り買いすることで、利益をあげやすくなっています。

また、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は将来的な成長が見込めるため、長期的な上昇トレンドです。

投資を始める手続きも簡単なので、投資対象として魅力的ではないでしょうか。

 

(2)送金手数料が格安

ビットコインは、銀行などの仲介を経由しない個人間の送金が行えるため、手数料が格安です。

これは、海外に送金する場合などにおいて、特にメリットだといえます。

 

(3)世界中で使用できる

ビットコインは、世界中で使うことができる国際通貨としての一面も持っています。

ビットコインを保有していれば、海外に行った時も、通貨を両替する必要がないため、とても便利です。

ちなみに、国によっては自国通貨よりもビットコインのほうが信用性が高い場合などもあります。

 

4.ビットコインのデメリット

この章では、ビットコインのデメリットを3つ挙げます。

(1)決済手段としては未成熟

ビットコインは送金手段としては優れていますが、決済手段としてはまだまだ未成熟です。

使用できる店舗が少ないことも勿論、決済に時間がかかってしまう点(10分以上)もデメリットとなっています。

 

(2) 国による価値の保証がない

ビットコインは、国によって価値が保証されているわけではないので、ハッキングなどによって、ビットコインが消滅した場合も、泣き寝入りする他ありません。

そういった意味で、現金に比べると信用が低くなってしまうデメリットがあります。

 

(3)流動性が小さい

流動性が小さいというのは、ビットコインの取引板において、買い注文と売り注文の数が、FXや株式投資と比べると、まだまだ少ないため、取引が成立しにくいことを意味します。

ただ、市場規模としては今後拡大していくので、流動性の問題は近い将来解決されるでしょう。

 

5.まとめ

この記事ではここまで、ビットコインの特徴やメリット・デメリットについて、言及してきました。

ビットコインについて、全く知らなかった人でも、全体像が把握できたかと思います。

ビットコインについては、まだまだ言及すべきところが多くありますので、また次の機会にご紹介できればと思います。

仮想通貨関連記事1⇒「そもそもビットコインとは何か?」※当記事

仮想通貨関連記事2⇒「ビットコインの購入方法をまとめてみた

仮想通貨関連記事3⇒「仮想通貨のリアルタイムな情報収集方法3選!

仮想通貨関連記事4⇒「ビットコイン(仮想通貨)と電子マネーの違いとは?

仮想通貨関連記事5⇒「仮想通貨、ウォレットの種類と特徴

ビットフライヤー

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*