ビットコイン(仮想通貨)と電子マネーの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビットコインの知名度も上がり、その言葉を聞いたことがある人は、増えているのではないでしょうか。

ただ、ビットコインについて、正しく理解をしていないと、「電子マネー」との違いがわからないという人も多いかと思います

そこで、この記事では、ビットコインと電子マネーの違いについて、わかりやすく説明します。

1.ビットコインとは?

ビットコインとは仮想通貨の一つです。政府や銀行などの中央機関を持たずに、P2P(Peer to Peer)ネットワーク上で取引が行われるため、手数料を低く抑えることができます。

このようなビットコインの仕組みは、ブロックチェーンと呼ばれます。ビットコインは、決済や海外送金などの用途の他、価格が需供により変動するため、投機対象的な側面もあります。

 

2.電子マネーとは?

電子マネーは、予めチャージ(入金)されたカードやスマホを使って、支払いをすることができる電子のお金です。

また、クレジットカードを使って、自動引き落としを設定することもできます。例えば、SuicaやWAONなどは有名ですよね。ポイントが貯まるサービスも多いことが特徴です。

 

3.ビットコインと電子マネーを比較

①  価格

ビットコインの価格(1BTC)は、相場によって変動するため、使用する時は注意しましょう。

一方、電子マネーの価格は、1ポイント=1円で、変動はしません。そのため、安心感はあります。

②  投資

ビットコインはボラティリティ(価格変動制)が高く、投資対象としても、非常に魅力的です。

また、全体的に上昇トレンドであることから、現状では損をしにくい構造になっています。電子マネーは、投資することはできません。

③  換金

ビットコインと電子マネーの両者共、換金に手数料はほとんどかかりません。

ただ、ビットコインの場合は、仮想通貨取引所のルールによって、手数料も異なります。

④  発行元

ビットコインには、中央銀行などの発行元は存在しません。

ブロックチェーン上で、マイニング(採掘)という方法をとることによって、新規ビットコインは発行されます。電子マネーの発行元は、各企業です。

⑤  保管

ビットコインはウォレットと呼ばれる財布のようなものに保管します。ウォレットはいくつか種類があるので、また別の記事でご紹介します。

電子マネーは、カードか携帯端末に保管します。

⑥  使用場所

ビットコインは、世界中で使用することができるグローバルな通貨です。そのため、ビットコインが使える店があれば、日本でビットコインを使って、決済をすることと同じように、支払いをすることができます。

電子マネーは、日本のみ使用可能です。

⑦  送金

ビットコインの主な用途として、(海外)送金が上げられます。仲介を挟まないネットワーク上で取引が完了するため、「格安」かつ「早く」送金することができます。

電子マネーは、誰かにお金を送金することはできません。

 

4.まとめ

この記事では、ビットコインと電子マネーの違いを明らかにするために、両者について、簡単に説明した後、違いを一つ一つご紹介してきました。

一見、実体の無いマネーという点で、似ているように思えますが、両者を比較してみると全く異なる概念だということがわかりました。

仮想通貨関連記事1⇒「そもそもビットコインとは何か?

仮想通貨関連記事2⇒「ビットコインの購入方法をまとめてみた

仮想通貨関連記事3⇒「仮想通貨のリアルタイムな情報収集方法3選!

仮想通貨関連記事4⇒「ビットコインと電子マネーの違いとは?」※当記事

仮想通貨関連記事5⇒「仮想通貨、ウォレットの種類と特徴

仮想通貨関連記事6⇒「ブロックチェーンとは何か?

仮想通貨関連記事7⇒「イーサリアムとは?

仮想通貨関連記事8⇒「ビットコインの短期投資を検証!

ビットフライヤー

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*