仮想通貨のウォレットとは?ウォレットの種類と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、仮想通貨の保管先であるウォレットについて説明します。「そもそも、ウォレットって何?」という方でも、ウォレットの概要、種類、特徴について知ることができます。

大事な仮想通貨を失わないためにも、保管方法について正しく知ることは重要です。ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

1.ウォレットとは?

ビットコインなどの仮想通貨はどのように保管すれば、良いのでしょうか?

その答えは「ウォレットで保管する」です。

ウォレットは、財布や銀行口座のようなものであり、ビットコインを保管して、資金を移動する時は、相手のウォレットに対して、送金できます。

ただ、ウォレットと一口にいっても、いろいろな種類があります。次の章からそれらについて説明します。

 

2.ウォレットの種類とそれぞれの特徴

この章では、ウォレットの種類とそれぞれの特徴について述べます。まず、下の表をご覧ください。それぞれのウォレットの安全度、利便性、リスクについて、まとめました。

(1)ウェブウォレット

ウェブウォレットは、オンライン上に仮想通貨を保管していく方法です。

インターネットと接続しているため、利便性は高い一方、ハッキングなどのリスクも大きくなります。そのため、多額の仮想通貨を保管するには向いていません。

(2)デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、インターネット上からウォレットをダウンロードして、PC上で仮想通貨を保管する方法です。

ただ、ソフトウェアの動作が重たく、時間がかかってしまうため、利便性は低いです。

(3)モバイルウォレット

モバイルウォレットは、iPhoneやAndroidのアプリをインストールして使うことができます。

QRコードが利用できるため、実店舗などで、簡単に決済が可能であり、利便性は高いです。

(4)ペーパー(コールド)ウォレット

コールドウォレットは、オフライン上で保管するウォレットの一つであり、紙に仮想通貨の情報を保管します。最も安全な仮想通貨の保管方法といわれています。

ただ、紙なので、直射日光や高温多湿によって、文字が読み込めなくなるリスクもあるため、注意が必要です。紛失にも気をつけましょう。

(5)ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、USBメモリのように、PCからデータを保管した後はオフライン環境で、データを保管できる方法です。そのため、安全性は高いです。

ただ、故障すると仮想通貨が引き出せなくなるため、保管方法はよく考える必要があります。

 

3.オススメの仮想通貨の保管方法

ウォレットは、用途によって、使い分けます。具体的には、取引用→ウェブ、決済用→モバイル、長期保管用→ハードウェアなどです。

ハードウェアウォレットは、Amazonなどで「ビットコイン ウォレット」などと検索すれば、たくさん出てくるので、比較・検討して購入します。

Ledger Nano S」などは、いろいろな種類の通貨に対応しているため、使いやすいです。

 

4.まとめ

この記事ではここまで、仮想通貨の保管先であるウォレットについて、それぞれの種類と特徴を説明しました。

これで、ウォレットの全体像について、具体的にイメージできたでしょうか。最後にも述べたように、ウォレットは用途によって、使い分けのが良いです。

大事な仮想通貨を失わないためにも、ウォレットに関する正しい知識を持つことが大切です。

仮想通貨関連記事1⇒「そもそもビットコインとは何か?

仮想通貨関連記事2⇒「ビットコインの購入方法をまとめてみた

仮想通貨関連記事3⇒「仮想通貨のリアルタイムな情報収集方法3選!

仮想通貨関連記事4⇒「ビットコインと電子マネーの違いとは?

仮想通貨関連記事5⇒「仮想通貨、ウォレットの種類と特徴」※当記事

仮想通貨関連記事6⇒「ブロックチェーンとは何か?

仮想通貨関連記事7⇒「イーサリアムとは?

仮想通貨関連記事8⇒「ビットコインの短期投資を検証!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*