ブロックチェーンとは何か?仕組みと可能性について説明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、ビットコインを支える技術として有名な「ブロックチェーン」の仕組みとその可能性について、図を交えながら、説明しました。

「ブロックチェーンがよくわからない!」という方は、ぜひ、参考にしてみてください。

1.ブロックチェーンを支えるP2Pネットワークとは?

ブロックチェーンを理解する上で、「P2Pネットワーク」の知識は前提となります。次の図をご覧ください。

中央集権型のシステムは、中央機関(政府等)によってデータが一元的に管理されています。

一方、P2Pネットワークはデータをそれぞれの端末分散的に管理しています。

中央集権型システムは、データが一箇所に集中しているため、そのデータが失われればアウトです。

そのため、膨大な管理コストをかけることになります。

その点、P2Pネットワークでは、データが分散的に管理されているため、もし一つのデータが失われても、問題ありません。

つまりセキュリティが堅牢なのです。そのため、管理コストをかけなくても、システムを維持することができます。

 

2.ブロックチェーンの仕組みとは?

ブロックチェーンは、分散化された台帳のようなシステムだと考えてください。

数百〜数千のビットコイン取引記録(トランザクション)がブロックという単位にまとめられ、P2Pネットワーク参加者が手分けして承認、1本のチェーン(鎖)で共有しています。

次の図で仕組みをまとめました。

ビットコインは次々と取引されているので、取引記録(トランザクション)がどんどん増加します。

ビットコインの取引は、P2Pネットワーク参加者の承認により成立するため、最初の段階ではすべて「未承認」の取引です。

ビットコインでは、承認のトランザクションを約10分ごとにまとめ、「ブロック」として、一括承認します。

新しく承認されたブロックが、承認済みのブロックのチェーン(鎖)の最後尾に追加されます。これで、取引成立です。

 

3.ブロックチェーンの可能性

ブロックチェーンは、ビットコインにだけ用いられる仕組みでは、ありません。

他のあらゆる産業に応用可能な革新的技術なのです。

この章では、ブロックチェーンが持つ3つの潜在能力とその特徴について説明します。

(1)新しい取引のカタチ

ブロックは、公開されており、過去の取引記録を全て所持しています。

そのため、データを追跡することが可能であり、透明性の高い取引が実現可能です。

(2)ゼロ・ダウンシステム

ブロックチェーンの取引は、P2Pネットワークによって行われています。

そのため、サーバがダウンする心配がありません。つまり、安定したサービスの構築・運用を行うことができます。

(3)エコシステムの安全維持

ブロックチェーンでは、不正な取引は承認されません。

そのため、中央管理者が不在かつ悪意のあるユーザが存在したとしても、エコシステムは安全に維持されます。

 

この3つの特徴は、どの産業にも応用可能な普遍性の高いものを述べたにすぎません。

さらに、業界・業種ごとに絞って考えれば、また、新たな可能性があり、より具体的な応用例を考えることができます。そのポテンシャルは無限大です。

 

4.まとめ

この記事ではここまで、P2Pネットワークを始め、ブロックチェーンの仕組みと可能性について言及しました。

ブロックチェーンは、前述したように、仮想通貨だけに応用可能な技術ではありません。

もっと、汎用性が高い技術です。今後もブロックチェーンの動向を見守っていきたいです。

仮想通貨関連記事1⇒「そもそもビットコインとは何か?

仮想通貨関連記事2⇒「ビットコインの購入方法をまとめてみた

仮想通貨関連記事3⇒「仮想通貨のリアルタイムな情報収集方法3選!

仮想通貨関連記事4⇒「ビットコインと電子マネーの違いとは?

仮想通貨関連記事5⇒「仮想通貨、ウォレットの種類と特徴

仮想通貨関連記事6⇒「ブロックチェーンとは何か?」※当記事

仮想通貨関連記事7⇒「イーサリアムとは?

仮想通貨関連記事8⇒「ビットコインの短期投資を検証!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*