【初心者向け】FX(外国為替証拠金取引)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ほのかちゃん
あやたかくん!FXってよく聞くけどなに?
あやたかくん
FXはいろんな国の通貨を売買して利益を得る取引やで!個人的にはあまり使わないけど、為替は株価にも大きく影響するから知識として知っておいた方がいいで!

1. FXって何?

FXとは、各国の通貨を売買することによって利益を得る取引のことです。売買する、というよりも両替すると表現した方が分かりやすいかもしれません。

多くの日本人は資産をで保有していますが、これを米ドル、ユーロ、ポンドなど、別の通貨に換えて保有することで、利益や損失が生まれます。

FXの正式名称は外国為替証拠金取引であり、Foreign Exchangeの略です。このFX、Foreign Exchangeという呼び名は日本独自の呼び方で、海外ではForex Trading(フォレックストレーディング)と呼ぶのが一般的です。

 

2. FXの儲け方は2通りある

2-1.為替差で稼ぐ

通貨の相対的な価値のことを為替レート(単純に為替とも言う)と呼びます。為替レートは世界中の投資家たちが通貨を売買することによって変動します。

沢山買われている通貨の価値は上がり、沢山売られている通貨の価値は下がります。

もちろん、この為替レートの変動には私たちのトレードの内容も反映されていますが、通貨の市場規模は尋常ではない大きさなので、一般人が為替レートを動かすことは出来ません。

 FXの最も基本となる稼ぎ方は、通貨を売った時と買った時の為替差で利益を出すことです。

例えば、1ドル=100円のときに100万円で1万ドル購入し、1ドル=101円になったときに売却すれば、1万円の利益が出ることになります。

また、FXは株と同様に空売りが出来るので、所持していない国の通貨も売却することが出来ます。

1ドル=100円のときに1万ドル売却し、1ドル=99円になったときに買い戻しすれば、これもまた1万円の利益が出ます。

 

2-2.スワップポイントで稼ぐ

FXには毎日付与されるスワップポイントというものがあります。株で例えるなら配当金のようなものです。

さて、通貨にはそれぞれ政策金利と呼ばれるものがあります。例えば、2017年9月現在、日本円の政策金利は0.1%です。(政策金利は俗に言うマイナス金利とは別です。)

ここで、トルコの通貨リラの政策金利は8.0%です。つまり、日本円とトルコリラの政策金利には7.9%の差があるわけですが、この7.9%をスワップ金利と呼びます。

仮にFXで100万円分のトルコリラを買ったとすると、単純に考えて、1年後には107.9万円になっているわけです。

ただし、実際には為替レートの変動があるため、スワップ金利とは別に損益が生まれます。

 また、スワップ金利の分が丸々もらえるわけではなく、トレードを仲介している証券会社にスワップ手数料を取られるため、実際の利益は7.9%より少なくなります。

スワップ手数料を差し引いて証券会社から毎日付与されるのがスワップポイントです。法律上、スワップ手数料は各証券会社が独自に決めていいことになっているので、付与されるスワップポイントは利用する証券会社によって異なります。

 

また、日本円(低金利通貨)を売ってトルコリラ(高金利通貨)を買う例では、スワップポイントはプラスになりますが、逆にトルコリラを空売りして日本円を買った場合はマイナスのスワップポイントが発生します。

このあたりのルールも株の配当金と似ていますね。

スワップポイントで生まれる利益は為替差の損益と比べると微々たるものなので、スワップのみを目当てにトレードをするのは好ましくありません。

また、スワップ金利、スワップ手数料、スワップポイント等は名前が似ていますが、単純にスワップと言う場合はスワップポイントを指すことが多いです。

しかし、為替差で損失が出てもスワップで帳消しに出来る場合もあるので、スワップポイントは必ず意識するべき要素です。

 

3. FXはハイリスク?

投資初心者の方は、FXに対して「リスクが高い」「株に比べて危険だ」というイメージを持っている場合が多いようです。

これは正解でもあり、間違いでもあります。FXは確かに超ハイリスクな取引が出来ますが、リスクの程度は投資家が調節できるからです。

まず、FXも株も、証券会社からお金を借りて自分の投資金額よりも大きい金額で取引が出来ます。ここで、投資金額に対する取引金額の倍率をレバレッジと呼びます。

あなたが仮に100万円投資するとして、同額の100万円分の取引を行った場合、その時のレバレッジは1倍です。

株では100万円の投資金額に対して、証券会社から200万円のお金を借りて約300万円分の取引を行うことが出来ます。この時のレバレッジは3倍です。

さて、ここでFXのレバレッジは25倍です。つまり、100万円の投資金額に対して2500万円分の取引を行うことが出来てしまうのです。株よりも1ケタ大きい倍率ですね。

ちなみに、2011年以前はレバレッジ400倍での取引が可能でしたが、日本政府によって規制されたため、現在は25倍となったわけです。

なぜ規制されたのかは、大体想像がつくと思います。超ハイリスク・ハイリターンな取引に魅了されて、破産する人が続出したためです。

しかし、決してFXそのものが危険というわけではありません。危険なのはレバレッジを上げ過ぎてしまうことです。

FXのレバレッジの高さは魅力的ですが、十分な経験を積むまではレバレッジ1倍~3倍での取引を強くお勧めします。

ラテ先生
以上でFXについての説明は終わりになりますが、ご質問等ございましたらお気軽にコメント下さい。

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても喜びます↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*