ノーベル賞直前でも間に合う投資方法(2017年関連銘柄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎年10月上旬にノーベル賞の発表があり、関連銘柄は大きく値動きする傾向があります。

そこで、この値動きを利用した投資方法と、2017年度のノーベル賞関連銘柄について記載します。

ノーベル賞関連銘柄(2016年株価動向の振り返り)についても確認してみて下さい。

ノーベル賞の投資方法は基本的に「事前に関連銘柄を買う」と紹介されていることが多いですが、ノーベル賞発表前に空売りすることで大きく利益を得ることができる傾向にあります。

そのため、空売りで大きく利益が得られそうな銘柄を中心にピックアップしていきます。

まず2017年度ノーベル賞発表の日程については以下になります。

①生理学・医学賞  10月2日(月)18時30分
②物理学賞   10月3日(火)18時45分
③化学賞    10月4日(水)18時45分
④平和賞    10月6日(金)18時00分
⑤経済学賞   10月9日(月)18時45分
⑥文学賞    10月5日(木)20時00分

この中で株価に影響するのは①②③⑥になりますので、それぞれの関連銘柄について確認していきます。

また、基本戦略は以下になります。

①事前に購入し、ノーベル賞発表前に利確する
②ノーベル賞発表前に空売りする
③ノーベル賞発表後に空売りする
〇NG:ノーベル賞受賞を期待して発表日を持ち越す

①は一般的な投資方法ですが、基本的には事前(1~2ヵ月前)に買っておく必要があります。
そこで、ノーベル賞発表が近づいてる場合の投資方法として「②、③」を活用します。

②は受賞しなかった場合の利益は大きくなる傾向ですが、受賞した場合は大きな損失が予想されます。
そのため、受賞しない可能性が高いにも関わらず、ノーベル賞発表直前までで、大きく上昇している場合はとても有効です。

③はノーベル賞受賞により大きく上昇した場合に、利益確定による下落が期待できるため、有効な手法になります。
また、ノーベル賞受賞できなかった場合も、ノーベル賞発表前までで上昇していた場合は、下落する傾向なので、有効な手法です。

〇NG:ノーベル賞の投資方法はノーベル賞受賞を期待して発表日を持ち越す方も多いですが、ノーベル賞は毎年たくさんの候補があるため、狙っていた候補が受賞するとは限りません。(むしろ可能性は低いです)そのため、ノーベル賞受賞を期待して発表日を持ち越すことは極力避けたいです。

① 生理学・医学賞  10月2日

〇4528 小野薬品工業「ランクC」

【受賞候補】
「オプジーボ」本庶 佑 氏 京都大学名誉教授

【オススメランク】
ランクC

【内容】
がん免疫薬「オプジーボ」でがん領域に参入している小野薬品工業ですので、「オプジーボ」受賞の思惑で上昇が期待できます。しかし、時価総額が1兆円を超えているため値動きは限定的だと思われます。

【株価9/26】

週足から2016年度のノーベル賞発表時と比べるとまだまだ上昇余地はありそうですが、日足でみると高値圏にあります。ノーベル賞発表までまだ上昇しそうな雰囲気はしていますが、時価総額が巨大なこともあり、上昇は限られていると思います。

ただ、「オプジーボ」がノーベル賞を受賞すると、関連銘柄筆頭ですので上昇が見込めます。

 

② 物理学賞  10月3日

〇4205 日本ゼオン「ランクD」

【受賞候補】
「カーボンナノチューブ」飯島 澄男 氏 名城大学終身教授

【オススメランク】
ランクD

【内容】
カーボンナノチューブ関連銘柄とされている日本ゼオンですが、昨年度のノーベル賞発表時は株価の動きがほとんど見られませんでした。
参考⇒ノーベル賞関連銘柄(2016年株価動向の振り返り)
そのため物理学賞関連銘柄として推しているサイトも多いですが、個人的には期待していません。

 

③ 化学賞  10月4日

〇3386 コスモ・バイオ「ランクA」

【受賞候補】
「ゲノム編集技術CRISPR-cas9」石野 良純 氏 九州大学教授

【オススメランク】
ランクA

【内容】
バイオ関連銘柄のコスモ・バイオですが「ゲノム編集技術CRISPR-cas9」関連銘柄でもあります。昨年度は「オートファジー」関連銘柄として大幅に上昇していたため、今年も上昇が期待できます。
参考⇒ノーベル賞関連銘柄(2016年株価動向の振り返り)
さらに空売りが可能な銘柄で、ノーベル賞発表後は昨年度の傾向から急落する傾向ですので、ノーベル賞発表後の空売りでも大きな利益が期待できます。

【株価9/26】

昨年度のノーベル賞発表時の値動きでは、発表前から利確売りで下落していたため、早めに利確する方がよさそうです。

 

〇4974 タカラバイオ「ランクB」

【受賞候補】
「ゲノム編集技術CRISPR-cas9」石野 良純 氏 九州大学教授

【オススメランク】
ランクB

【内容】
コスモ・バイオと同じくバイオ関連銘柄であり、「ゲノム編集技術CRISPR-cas9」関連銘柄です。コスモ・バイオと似たような値動きをしますが、時価総額が大きいためコスモ・バイオと比べると値動きは小さいイメージです。
参考⇒ノーベル賞関連銘柄(2016年株価動向の振り返り)
この銘柄も空売りが可能で、ノーベル賞発表後は昨年度の傾向から下落する傾向ですので、ノーベル賞発表後の空売りでも利益が期待できます。

【株価9/26】

コスモ・バイオと比べると値動きは小さいですが、それでも他のノーベル賞関連銘柄と比べると大きく値動きする傾向です。

 

〇4582 シンバイオ製薬「ランクB」

【受賞候補】
「EPR効果」前田 浩 氏 崇城大学DDS研究所 特任教授

【オススメランク】
ランクB

【内容】
前田 浩 氏はシンバイオ製薬のシニアアドバイザーであることもありノーベル賞受賞期待で昨年度は直前に急上昇していました。
参考⇒ノーベル賞関連銘柄(2016年株価動向の振り返り)
時価総額も小さいことから、今年も急上昇することがあるかもしれません。

【株価9/26】

現在ところ全く上昇していないため、ノーベル賞発表直前の急上昇に期待して買うのもありかもしれません。株価は安値圏のため下落のリスクも少なそうです。

 

〇4098 チタン工業「ランクC」

【受賞候補】
「リチウムイオン二次電池」吉野 彰 氏 名城大学教授

【オススメランク】
ランクC

【内容】
酸化チタンの老舗であり、リチウム電池用チタン酸リチウムを開発している企業で「リチウムイオン二次電池」の関連銘柄になります。昨年度は8月中旬から9月下旬にかけて上昇していました。

【株価9/26】

既に大きく上昇しています。昨年のノーベル賞発表時の水準と比べても圧倒的です。ここ最近電気自動車が注目されているので、その影響もありそうです。

 

〇4100 戸田工業「ランクC」

【受賞候補】
「リチウムイオン二次電池」吉野 彰 氏 名城大学教授

【オススメランク】
ランクC

【内容】
リチウム電池正極材事業を展開している企業で「リチウムイオン二次電池」の関連銘柄になります。

【株価9/26】

チタン工業と同様に既に大きく上昇しています。ただ、この銘柄は空売りが可能なため、ノーベル賞発表後の空売りも実施できそうです。

 

⑥ 文学賞  10月5日

〇9978 文教堂グループHD「ランクA」

【受賞候補】
村上 春樹 氏

【オススメランク】
ランクA

【内容】
村上 春樹 氏のノーベル賞受賞期待により毎年同じように上昇し、ノーベル賞発表を逃すと急落している銘柄です。
参考⇒ノーベル賞関連銘柄(2016年株価動向の振り返り)

【株価9/26】

ノーベル賞発表を終えると毎年急落する傾向なため、昨年はその下落を利用して一日信用売りの持ち越しで利益を上げました。
参考⇒2016年スイングトレード高収益銘柄

 

〇3159 丸善CHIHD「ランクC」

【受賞候補】
村上 春樹 氏

【オススメランク】
ランクC

【内容】
村上 春樹 氏のノーベル賞受賞期待により上昇し、ノーベル賞発表を逃すと下落している銘柄です。文教堂HDと比べると値動きは小さく、空売り(制度信用売り)も可能です。

【株価9/26】

こちらは文教堂HDと比べて今年度は上昇していません。空売り(制度信用売り)も可能なため、ノーベル賞発表直前もしくはノーベル賞受賞をきっかけに上昇した場面では、空売りも有効です。

 

まとめ

ノーベル賞発表直前でも間に合う投資方法としては、まだ上昇していない「シンバイオ製薬」や「丸善CHIHD」等を買うことで、出遅れ銘柄として直前に上昇してくれる可能性があります。(もちろん動かない可能性もありますが、もともと上昇していないため、下落リスクも小さいと考えています。)

次にノーベル賞発表前後ですが、既に大きく上昇している「コスモ・バイオ」や「戸田工業」あたりを利益確定売り狙いで空売りするのも有効かと思います。

また、「文教堂HD」は一日信用売りしか使えませんが、ノーベル賞発表後の下落は過去の傾向から凄まじいため、一日信用売りの持ち越しを繰り返す方法もあります。

関連記事1⇒ノーベル賞関連銘柄(2016年株価動向の振り返り)

関連記事2⇒ノーベル賞直前でも間に合う投資方法(2017年関連銘柄)※当記事

関連記事3⇒村上春樹ノーベル賞関連銘柄の投資戦略と過去の傾向(文学賞)

関連記事4⇒ノーベル賞受賞後の関連銘柄の株価動向

ラテ先生
「ノーベル賞直前でも間に合う投資方法」についての説明はこれで終わりです。他にも分からないことがございましたら、お気軽にコメントにご質問下さい。

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*