立会外分売とは? ローリスク高確率で利益を上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ほのかちゃん
立会外分売ってあまり聞いたことないけどオススメなん?

あやたかくん
IPO(新規公開株)のように抽選で当選する必要があるんやけど、割引価格で株を買うことができる仕組みやから投資初心者のほのかちゃんにもオススメやで!!

ほのかちゃん
でもIPOって全然当たらへんし・・・立会外分売も全然当たらへんのちゃうん?

あやたかくん
確かにIPOは全然当たらへんけど、立会外分売はIPOに比べると圧倒的に当たりやすいで!!それに平均して3%程割引されるから利益も出しやすいし!さらに購入手数料も無料なんやで!!

ほのかちゃん
それなら抽選を受けてみたい!でもどうやって申し込むの?申し込みにお金はかかるの?

あやたかくん
立会外分売を取り扱っている証券会社の取引ページ等から申し込むことができるで!申し込みはもちろん無料やし、当選したときの購入手数料もかからへんで!

ほのかちゃん
ちなみに立会外分売に必要な資金はどれくらいなん?あまりお金ないし・・・

あやたかくん
立会外分売が実施される銘柄によるけど、だいたい20万円くらいあれば多くの銘柄に申し込めるで!

ほのかちゃん
それなら資金が少なくても申し込めるね♪

ラテ先生
立会外分売について説明しますね。

立会外分売とは

立会外分売とは、株式市場の取引時間外に売り出される株のことであり、企業や大株主が、株の流動性を高めることや市場変更、さらに大量の売却に伴う株価の急激な変動を避けることを目的として利用している制度です。

立会外分売は、各証券会社に通知が回り、ネット証券・既存の証券問わず申し込みができます。

ただし、申し込みには期間が決まっており、立会外分売が実施される日の前日18時頃から翌朝の8時20分頃までが買い付けに応募できる期間になります。

また、必ずしも購入したいと申し込んでも、購入したい投資家が多ければ抽選となるため、当選しないと購入することはできません。

ただし、抽選に関してはネット証券を中心に完全平等になりつつあるため、個人でも当選する可能性は大いにあります。

当選した場合は、立会外分売実施日の9:00前後には保有証券一覧などに反映されるようになり、すぐに売却することもできます。

ほのかちゃん
資金が少なくても平等に当てることができるんやね!!

あやたかくん
証券口座にもよるけど、1口座1抽選の証券会社もあるから資金量に関係なく当選することができるんやで!

 

 

立会外分売のメリット

立会外分売を利用する上で最大のメリットとなるのは、割安な価格で株を購入できるという点にあります。

立会外分売を実施する前日の終値から25%ほどの割引価格で売り出される上、購入手数料が無料になるため、市場が開いている時間に同じ銘柄の株を買うよりもお得です。

そのため、勝率が高いことも立会外分売の魅力となっています。

前日の終値から割引された価格で購入できるので、前日「終値」と立会外分売当日の「始値」が同じ価格であったとしても利益を出すことができます。

ほのかちゃん
前日終値の割引価格で買えるから、立会外分売当日の始値が前日の終値と同じ価格なら利益が出るんやね!

あやたかくん
利益は少ないけど、安定して高確率で利益を出せるのが立会外分売のメリットやで!

さらに、その会社が立会外分売を実施する主な理由が市場変更にある場合には、東証一部などに昇格を果たすことができれば、将来的な資産上昇を見込むことも可能になります。

立会外分売は短期取引のみならず、中長期的に見て資産価値が上がる銘柄を見つけ、安く購入しておくための手段としても利用できます。

 

立会外分売のデメリット

デメリットとしては、利益を上げやすいシステムになっている立会外分売なので、申し込みたい投資家も多く、立会外分売で株を購入できるかどうかは抽選になります。

そして、利益を出しやすいとは言ってもあくまでも株であることに変わりはないので、割引価格で購入した価格よりも下落することもあります。

ほのかちゃん
さすがに割引価格よりも下落したら損するね!

あやたかくん
そこは株やから仕方ないけど、少しでも損を減らす方法もあるから、また別途説明するね!

ただし、2016年に立会外分売が行われた銘柄の「立会外分売での購入価格」と「立会外分売実施日の終値」を比較すると、72%の銘柄で「立会外分売実施日の終値」が「立会外分売での購入価格」を上回っているため、高確率で利益が出ることには間違いありません。

また、購入時には売買手数料がかかりませんが、売却の際には所定の手数料が必要となります。

 

立会外分売の当選確率を上げる方法

立会外分売は売り出される株よりも申し込み人数が多いと抽選となってしまうため、購入するためにはこの当選確率を上げる必要があります。

抽選といえば、新規上場のIPOと同じ抽選ですが、IPO人気に比べると人気が薄いので、IPOほど当たりにくいということはありません。

IPO同様1つの口座から申し込むよりも、たくさんの証券口座で申し込む方が当選確率が上がるため、まずは申し込みができる証券会社を見つけ、申し込めるだけ申し込むことが当選確率を上げる方法になります。

既存店舗でも申し込みはできますが、立会外分売を実施する手数料が安いネット証券に口座を開き、立会外分売が実施される毎に申し込みをするのがおすすめです。

資金に関しては、購入手数料自体は無料なので買い付けたい銘柄の価格分を入れておけば問題ありません。

また、家族名義であれば同じ証券会社で別口座として開設可能なので、家族がいる方は家族の名前で口座開設をすることで口座数を増やすことができます。

そして、立会外分売は、購入申し込みができる株数の上限が決まっています。中には、1口座で300株までなどと限定されています。

その場合は上限の300株まで購入する意志を示すのがおすすめです。

300株全部が約定するのは稀ですが、200株だけもしくは100株だけでも約定する可能性があり、部分的な当選が狙えます。

ほのかちゃん
資金量よりもたくさんの口座から申し込む方が当選しやすいんやね!

あやたかくん
立会外分売を実施する会社もたくさんの投資家に株を持ってほしいから、購入数の上限が決まっていたり、証券会社としても1口座1抽選やったりするから、口座数が多いほど当選確率も上がるね!

ラテ先生
以上で立会外分売の説明は終わりになりますが、ご質問等ございましたらどんな内容でもお気軽にコメント下さい。

次に⇒「立会外分売の活用方法! 利益を出すための具体的な方法

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても喜びます↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*