仮想通貨のウォレットとは?おすすめの保管方法一覧と種類について

この記事では、仮想通貨(ビットコイン等)の保管先であるウォレットについて解説します。

「そもそも、ウォレットって何?」という方でも分かるように、ウォレットの概要、種類、特徴について説明しています。

大事な仮想通貨を失わないためにも、保管方法について正しく知ることは重要です。ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

※「Waves Wallet」ではこのサイトの仮想通貨「Ayataka Coin」も取引できます。

1.ウォレットとは?

ほのかちゃん
ビットコインって購入後はどうやって保管したらいいの?私の財布に入るのかな・・・

あやたかくん
仮想通貨用のウォレット(財布や銀行口座のようなもの)に保管するんやで!様々な種類のウォレットがあるから解説するね!自分の財布にも紙で保管するなら一応入るかな・・・

 

2.ウォレットの種類とそれぞれの特徴

この章では、ウォレットの種類とそれぞれの特徴について述べます。まず、下の表をご覧ください。それぞれのウォレットの安全度、利便性、リスクについて、まとめました。

 

(1)ウェブウォレット

ウェブウォレットは、オンライン上に仮想通貨を保管していく方法です。

インターネットと接続しているため、利便性は高い一方、不正ログインなどのリスクも大きくなります。

そのため、信頼できる業者でウェブウォレットを作成する必要があります。

ちなみに「仮想通貨取引所でウォレットを作る」場合は、このウェブウォレットになります。

Coincheckウォレット」なら最大100万円まで不正ログインに対する損害を補償してくれるため、資金が少額の場合はおすすめです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

その他のウェブウォレット→「Waves Walletの使い方(登録方法)

※「Waves Wallet」ではこのサイトの仮想通貨「Ayataka Coin」も取引できます。

 

(2)デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、インターネット上からウォレットをダウンロードして、PC上で仮想通貨を保管する方法です。

ビットコインの過去の取引データ全てをダウンロードする「フルインストール版」と必要最低限のデータをダウンロードする「簡易版」があります。

「フルインストール版」は仮想通貨の「マイニング(採掘)」をする場合に必要ですが、膨大な取引データをダウンロードするため大きなハードディスク容量が必要です。

実際に「保管、送金、受け入れ」目的なら「簡易版」で十分です。

フルインストール版⇒ビットコインコア

簡易版⇒Jaxx(スマホ版もあります)

 

(3)モバイルウォレット

モバイルウォレットは、「iPhone、Android」のアプリをインストールして使うことができます。

QRコードが利用できるため、実店舗などで、簡単に決済が可能であり、利便性は高いです。

おすすめのモバイルウォレットは「Bread Wallet」です。

セキュリティーに強いウォレットであり、取引所「ビットフライヤー」が出資している代表的なモバイルウォレットです。

 

(4)ペーパー(コールド)ウォレット

コールドウォレットは、オフライン上で保管するウォレットの一つであり、紙に仮想通貨の情報を保管します。最も安全な仮想通貨の保管方法といわれています。

ただ、紙なので、直射日光や高温多湿によって、文字が読み込めなくなるリスクもあるため、注意が必要です。紛失にも気をつけましょう。

高額な仮想通貨の保管に向いていると言われています。

 

(5)ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、USBメモリのように、PCからデータを保管した後はオフライン環境で、データを保管できる方法です。そのため、安全性は高いです。

また、故障すると仮想通貨が引き出せなくなりますが、保管している仮想通貨は新しいハードウェアウォレットで復活させることができます。

そのため、ハードウェアウォレットを購入する必要はありますが、とてもおすすめの保管方法の一つになります。

 

3.オススメの仮想通貨の保管方法

ウォレットは、用途によって、使い分ます。

具体的には、取引用→ウェブ、決済用→モバイル、長期保管用→ハードウェアなどです。

ハードウェアウォレットは、Amazonなどで「ビットコイン ウォレット」などと検索すれば、たくさん出てくるので、比較・検討して購入します。

おすすめはAmazonでベストセラー1位にもなった「Ledger Nano S」です。

様々な種類の仮想通貨に対応しているため、とても使いやすいです。

その他にも「TREZOR」やタッチパネル付きの「LedgerBlue」等ありますが、やはり性能面、コストパフォーマンスの面から「Ledger Nano S」が一番良いかと思います。

※ハードウェアウォレットはここ最近値上り傾向にあります。

 

4.まとめ

この記事ではここまで、仮想通貨の保管先であるウォレットについて、それぞれの種類と特徴を説明しました。

これで、ウォレットの全体像について、具体的にイメージできたでしょうか。最後にも述べたように、ウォレットは用途によって、使い分けのが良いです。

大事な仮想通貨を失わないためにも、ウォレットに関する正しい知識を持つことが大切です。

※「Waves Wallet」ではこのサイトの仮想通貨「Ayataka Coin」も取引できます。

仮想通貨関連記事1⇒「そもそもビットコインとは何か?

仮想通貨関連記事2⇒「ビットコインの購入方法をまとめてみた

仮想通貨関連記事3⇒「仮想通貨のリアルタイムな情報収集方法3選!

仮想通貨関連記事4⇒「ビットコインと電子マネーの違いとは?

仮想通貨関連記事5⇒「仮想通貨、ウォレットの種類と特徴」※当記事

仮想通貨関連記事6⇒「ブロックチェーンとは何か?

仮想通貨関連記事7⇒「イーサリアムとは?

仮想通貨関連記事8⇒「ビットコインの短期投資を検証!

仮想通貨関連記事9⇒「コインチェックの口座開設方法と特徴について

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です