タカタ株 売買停止(ストップ安気配) 買いか?売りか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先週末ですが、自動車部品大手のタカタが民事再生法申請報道で売買停止になりました。結局1日中売買は停止されていましたが、ストップ安気配でした。

2014年にエアバックの欠陥について報じられ、現在の負債額は1兆円を超えるとみられています。そんな中、先週末には「民事再生法の適用を東京地裁に申請する方向で準備に入った」と報道され、結局一日中売買停止になりました。気配はストップ安になっており今後どうなってしまうのでしょうか。

また、その後タカタは「何ら決定した事実はない」「私的整理に限定することなく、あらゆる選択肢が検討されている」と発表しましたので、民事再生が確定した訳ではなさそうです。

 

債務超過というと、最近では「東芝」や「シャープ」が報道されていました。

しかし下落後「東芝」は半導体事業の売却報道、「シャープ」は鴻海精密工業による買収により株価は大きく回復しています。
さらに「シャープ」は東証1部に申請報道まで出ています。完全復活までもう少しでしょうか。

タカタも同様な道を行き、大きく株価は回復するのか、それとも民事再生するのか非常に注目です。
買いか、売りかでいうと今回の報道で大きく下落した後に買いたいですが、民事再生のリスクは付きまといます。しかし、報道の度に上昇したり下落したりしている銘柄ですので、低いところでは大きなリターンが狙えそうですが、ハイリスクハイリターンと考えた方がいいと思います。

↓応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
現在20位
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ現在31位

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*