2049 VIXベアETNについて(VIX指数のベア銘柄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おはようございます。先日VIX指数はトランプリスク(ロシアゲート疑惑)により急上昇していまたが、疑惑に対するネガティブな反応が落ち着き、米市場の回復によりVIX指数も大きく下落しました。

ロシアゲート疑惑によりトランプ大統領の弾劾もあるのではないかとの観測からVIX指数は急上昇していましたが、弾劾の可能性はほぼ考えられず、さらに例え弾劾されたとしても、アメリカの法律だとマイク・ペンス副大統領が大統領に昇格されるため、むしろ良いのではないかとの観測すらありました。

VIX指数は17%以上の下落となり、先週の水準に近づいてきました。ただ、トランプリスクが完全に払拭した訳ではないため、まだ元の水準までは戻っていません。

また、保有している「2049 VIXベアETN」は大幅上昇し、先日売り増しした「1552 VIX短期先物」は大幅下落しています。

やはりVIX指数は一時的な急上昇後、すぐに元に戻ることが多いため、急上昇後は上昇した理由を分析してすぐに収まると判断した場合は大きく空売りをしようと思います。
1日ですら元の値まで戻ることもあるのでチャンスは逃さないようにしたいです。

今後の予定ですが、トランプリスクや北朝鮮リスクも考えられますので、本日一部利確する予定です。

【2049 VIXベアETNについて】
ちなみに「2049 VIXベアETN」はVIX指数と逆に動くため、信用口座を開いていない方でも「2049 VIXベアETN」を買うことで、VIX指数を売ることができます。
パフォーマンスは「1552 VIX短期先物」の空売りには劣りますが、逆日歩のリスクはありません。
詳しくは(VIX指数とは)に記載しています。

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*