日経平均 特に材料無く急上昇(材料無し上昇時の対応)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おはようございます。昨日は日経平均が+209円高の19,860円まで上昇しました。さらに現在日経平均先物は19,900円台まで上昇しています。

昨日の大幅上昇は特に目立った材料が特に無いのにも関わらず朝一から大きく上昇していきました。
さらにこれまでと違うのが、為替(ドル円)とあまり連動していないことです。
これまでなら円安に振れれば日経平均は上昇、円高に振れれば日経平均は下落していましたが、今回は為替がほとんど動いていないのに日経平均は大きく上昇しています。
米市場と同様に日本市場も強気相場になってきたんでしょうか。(日経平均が急上昇した理由を分析

しかし、逆に考えると材料無しに上がっているので何かリスクイベントがあれば一気に戻ってしまう可能性もあると思います。

そのため現在CFDにて日経225(日経平均先物に連動)を空売りしています。
日経平均が20,000円に迫ってきたので利確売りによる下落狙いの空売りです。
ただあまりにも上昇勢いが強く、20,000円を大きく超えてきた場合は損切りします。

CFD口座で日経225を売っている理由ほぼ24時間で取引できるからです。
夜間に予想に反して急上昇してしまった場合にでも逆指値で損切りすることもできます。
これが証券口座で「1570 日経レバETF」で取引している場合は9:00~15:00しか取引ができないので、夜間の急な動きには対応できません。(CFDとは

 

現在のポートフォリオについてですが、RVHはプラス圏内に入ってきましたがマクドナルドが上昇してしまい、さらに真っ青なポートフォリオになってしまいました
損切りポイントに到達するか、下落するまで気長に待ちます。

↓応援クリック頂ければ嬉しいです↓
現在18位
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ現在29位

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*