アメリカ株再び大暴落!! 大暴落に至った5つの要因!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日にアメリカ株は再び大暴落しました。その影響でVIX指数(恐怖指数)も再び急上昇しています。(アメリカ株の特徴

さらに円高も一時108円台まで進み、日経平均先物も19,310円を付けました。

この大暴落の原因ですが、いくつかの要因が重なっています。

【下落要因1つ目】
一番大きな要因と思われるのが「白人至上主義を巡るトランプ大統領の発言」です。

15日の白人至上主義者と反対派の衝突について、反対派の方に死者が出ているのにも関わらず「双方に非がある」と述べました。

それに対してゴールドマン・サックスの前社長であるコーン国家経済会議委員長(経済政策の要)が「憤慨し、吐き気を催した」と発言したと報じられ、コーン氏の辞任観測に繋がりました。

コーン氏はアメリカ株の上昇要因になった税制改革を主導しているに加え、経済政策の司令塔、議会との調整役まで担っているため市場が大きく反応する要因になっています。

【下落要因2つ目】
上記と同様に「白人至上主義を巡るトランプ大統領の発言」で、主要企業の首脳らでつくられている2つの政策助言機関で抗議のための幹部辞任が続出しました。

それに伴いトランプ大統領は「経営者たちに圧力をかけるよりむしろ私は両方とも解散する」と表明したこともあり、下落要因になっていると思われます。

【下落要因3つ目】
トランプ大統領がインフラ投資の助言機関設置を撤回し、トランプ政権看板政策の先行きが一段と見通せなくなっています。

これも上記の白人至上主義を巡る問題の影響で助言機関設置計画の撤回に追い込まれたみたいです。

【下落要因4つ目】
スペインバルセロナの繁華街で車が暴走するテロが発生したことも影響しています。

13人が死亡し、約100人が負傷しており、イスラム国が実行したと声明を出しています。

【下落要因5つ目】
米小売最大手のウォルマート・ストアーズが「アマゾン恐怖症対策費」が響き2割の減益になりました。

その影響で、NYダウ平均も大きく下落してしまいました。

 

以上のように様々な要因が重なりアメリカ株は大幅下落しています。(アメリカ株の特徴

それに伴い日経平均先物も一時19,310円を付けるほど下落しており、恐怖指数と言われているVIX指数も大きく上昇しました。

北朝鮮リスクも払拭していないので、市場は厳しい状況が続いていますね・・・

ただ忘れてはいけないのが、日米ともに経済はとても好調(中国は怪しいが・・・)なので市場の心理が平常に戻れば、また元に戻るかと思います。

特に日本株はPERで見てもかなり割安な値まで下落してきました。

これは「日経平均」と株価の割安度を表す「PER(株価収益率)」のグラフになりますが、PERは14を切る水準まで下落しており過去の水準と比べても、現在の株価は割安水準であることが分かります。
※PER=時価総額÷純利益

そのため、下落しすぎている銘柄に投資するチャンスでもありますが、過去の傾向からPER13くらいまでは覚悟する必要はありそうです。

 

〇現在の保有(証券口座)

「2049 VIXインバースETN」の買いと「1357 日経ダブルインバース」の空売りを少しだけですが保有しました。

「2049 VIXインバースETN」はVIX指数(恐怖指数)の反対に連動する銘柄ですが、VIX指数の値動きに加えて、時間の経過と共に増加していく傾向があるので今回の下落した場面で買いました。
(参考:「年利10%以上?!VIX指数に長期投資する方法!」)

時間と共に増加していきますので、今後の値動きに関係なくしばらく保有し続ける予定です。

「1357 日経ダブルインバース」は日経平均の反対に連動する銘柄です。

現在この銘柄を空売りしていますが、単純に「1570 日経レバレッジETF」を買えばいいんじゃないかと思われる方もいるかもしれません。

しかし、「1570 日経レバレッジETF」を買うより「1357 日経ダブルインバース」を空売りする方がパフォーマンスがかなり良いです。
(参考:「地政学リスクにより株価は大幅下落! VIX指数も急上昇!」このページの下の方にその理由を記載しています)

今後ですが、日経平均が回復するまでしばらく待ちたいと思います。

 

現在の保有(CFD)

現在「米国VI(売り)」を保有しています。※CFD口座

こちらは悲惨ですね・・・

とりあえずプラスですが、今回の上昇で利益が目減りしてしまいました。

10だけ売りを追加しています。

この銘柄も売りを保有していると価格調整額というものが毎月貰えるのでしばらく保有予定です。
(参考:「年利10%以上?!VIX指数に長期投資する方法!」価格調整額についてもここに記載しています)

 

多数の悪材料の影響でしばらくは耐えになるかと思いますが、こういう時のためにも市場が好調な場面では、余力を残しておく必要があります。

心理的に市場が好調な場面では株を買ってしまい、今回のような不安な場面では売ってしまいがちですが、この動きは典型的な損をするパターンですので、不安な場面で買い、好調な場面で売れるような投資を続けていきたいです。

このために何よりも大事なことは、余力を残すことだと思います。

オススメの記事 (2017/8/20 新規作成)
8月末 株主優待券をタダで入手(クロス取引)できる銘柄について

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 黒メガネ より:

    綾鷹さん今晩は。2049またしても乗り遅れてしまいました。体調を崩して9時前まで寝てたので、前日から予定していた銘柄に集中!ですが空売りポイント外したので中止!寄り付きでアレ?の2049陽線!MACD的には反発??5~10口買い検討もデットクロスが気になって月火監視ということで無し。午後から研修があるので、ふて寝しました。

  2. ayataka より:

    黒メガネさん こんばんは。体調不良ですか。あまり無理なさらずご自愛ください。
    2049はまだまだ回復していないので、チャンスはあると思います!
    来週は米韓軍事演習があるので北朝鮮がミサイルを発射しないか気になります。

コメントを残す

*