VIX指数 長期空売りによる利益期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。VIX指数は昨日の大幅下落からさらに下落しました。(VIX指数とは

本日「1552 VIX短期先物」が年初来安値を更新しました。

VIX指数も従来の安値水準まで低下したため、空売り25,000株の内5,000株を108円で買戻しました。

また、本日のPTS(夜間取引)にて106.1円で4,620株現物買いしました。
※現物買いは明日「現渡」します。

残り「15,380株」の買戻し予定についてですが、VIX指数の下落はこれ以上あまり望めないので、コンタンゴによる減価を期待しながら少しずつ買い戻す予定です。

【VIX指数長期空売りによる利益期待ついて】
昨年11月には株価は200円を超えていましたが、既に100円を切るような価格まで下落してきました。減価の速さには非常に驚かされます。
そのため空売りを長期保有する方法でも大きく利益があげられると思います。

ちなみにEU離脱時の昨年6月末は400円を超えており、昨年2月には800円を超えているときもありました。
さらに2012年には15000円を超えており、とんでもない勢いで減価していることがわかります。

しかし、長期空売りで放置すると減価により利益はあげられると思いますが、制度信用売りのため6ヵ月の返済期限があり、さらに逆日歩が発生する場合もありますので、長期空売りの場合は返済期限がなく、逆日歩もないCFD口座による空売りがオススメです。(CFDとは

〇現在の保有状況

再度上昇した場合はVIX短期先物の空売りを追加予定です。

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*