北朝鮮ミサイル発射! 新たな弾道ミサイル? 株価への影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北朝鮮が本日9月15日午前7時前にミサイルを発射、前回と同じように北海道上空を通過し、太平洋上に落下しました。

今回のミサイルは高度が約770km、飛距離は約3700kmで、前回のミサイルと比べては高度が200km上昇し、飛距離も約1000km伸びています。

今回もドル円は円高になり、株価が大きく下落するのかと思われましたが影響は限定的で、現在では上昇に転じています。

ドル円は一瞬109円半ばまで円高が進みましたがすぐに反発し、11時時点ではミサイル発射前の水準まで戻しています。

日経平均については始値こそ下落していましたが、すぐに昨日の終値からプラスに転じています。

以前のドル円や株価の動きと比べて影響は限定的ですね! 相場もミサイル発射に慣れてきたのでしょうか・・・

確かにミサイルの発射自体は経済に影響は無いと思いますが、それに伴いアメリカが軍事行動を始めたり、経済制裁がさらに進められその影響で北朝鮮が暴発(ミサイル大量発射等)したら日本にも大きな影響がありそうです。

これは以前のミサイル発射時の動きですが、やはり今回とは全く違う動きです。

当時はとことん売り込まれましたが、今回はまさかの上昇に転じています。慣れって怖いですね・・・

実際には経済への影響は無いということで、市場が慣れるのはいいことかもしれませんが、逆に万が一の事態が発生した場合はとんでもない下落につながりそうです。

 

また、今回のミサイル発射を受けて防衛銘柄は一部上昇しています。

やはり防衛銘柄も慣れの影響か、以前ほどの上昇はみられませんが、かなりの高値圏を推移しています。

そのため、3連休間の各国の対応次第にもなりますが、基本的に空売りが有効だと思います。

参考⇒ページ下記に【北朝鮮リスク時の投資方法】 について記載しています。

 

 

以前の記事の「広島カープ銘柄」については、現在マジック1をつけ、優勝寸前になっています。

広島カープ銘柄の「7601 ポプラ」と「9033 広島電鉄」は少しだけ上昇しましたが、やはり昨年ほど(昨年の優勝は25年ぶり)のインパクトはなく大幅上昇はしていません。

そのため、現在は以前の株価からは少しの上昇ですが利確した方が良いかもしれません。

 

今の内に利確した方が良い理由として、昨年度は優勝までは大きく上昇しましたが、優勝と同時に一気に元の水準にまで下落したからです。

昨年のチャートのように、優勝は9月10日(土)だったため、優勝後の9月12日(月)は大きく下落しました。

むしろ下落を見越して空売りもありかもしれません。

 

次のイベントを活かした投資方法として、以前にも言いましたが「ノーベル賞銘柄への投資」が良いと思います。

参考⇒「ノーベル賞発表を利用した株取引

この参考記事は昨年度のノーベル賞銘柄の動向になるので、今年度については別途関連銘柄を調査する必要がありますので、また別途調査したいと思います。

 

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても喜びます↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*