不動産リート投資について(VIX指数上昇中だが・・・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。本日は米株が下落し、VIX指数は昨日から6%近く上昇しています。(VIX指数とは

しかし、VIX指数のETFであるVXXはほとんど上昇していません。

VXXは本来ならVIX指数に連動しますが、現在はコンタンゴにより減価しているため、ほとんど上昇していません。
VIX指数のETFは上昇しづらく下落しやすいので、空売りはほんと有利ですね。

「1552 VIX短期先物」はVXXに連動しますので、空売りしている10,000株にはほとんど影響はないと考えています。

逆にここからVIX指数が下落すれば「1552 VIX短期先物」の大幅下落が望めます。

 

また、法的整理報道で大幅下落した「7312 タカタ」と配当利回りが6%を超えている「3459 サムティレジデンシャル」を買いました。

タカタはハイリスクですが、同じような報道の繰り返しで上昇下落を繰り返しています。
そのため元の価格に戻れば大きく利幅を取れますので買いを入れました。

【不動産リート投資について】
サムティレジデンシャルは下落が続いていたため配当利回りが6%を超え、堅い底値を期待しています。
今後の上昇も期待できると思います。

やはり不動産リートは配当利回りが高く、知名度の低い不動産リートはその中でも利回りが高く今後の成長が期待できるので長期保有はオススメです。
知名度が低いからといって、不動産リートは家賃収入にて利益をあげているのでリスクはほとんどないと考えています。

そのため知名度が高い不動産リートより知名度の低い割安不動産リートへの投資がいいと思います。

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*