VIX指数についてデータ分析!リターンとリスクの関係は?

11月5日のGoogleトップロゴが赤池弘次さんの生誕90周年に変わっていました。

赤池弘次さんは数理統計学者さんということで、便乗してVIX指数についてデータ分析してみました。

ここではVIX指数に投資した場合のリターンとリスクについて簡単にデータ分析しています。

また「2049VIXインバースETN」を長期投資した場合の予測リターン等についても分析しています。

続きを読む

北朝鮮関連銘柄(防衛銘柄)の行方、振り返り分析

8月中旬から北朝鮮とアメリカの衝突警戒感から急上昇を始めた防衛銘柄ですが、最近ではあまりニュースにも出てきません。

そこで、今後の参考のためにも防衛銘柄の値動きを振り返って分析してみたいと思います。

ちなみに防衛銘柄値動きを下記の記事で予測していました。

北朝鮮関連銘柄(防衛銘柄) 10月10日に向けて上昇中

続きを読む

SBI証券を利用した株主優待券タダ取り方法!クロス取引

SBI証券の一般信用売り短期(5日)を活用した株主優待券のタダ取り方法(クロス取引)のタイミングについて解説します。

参考⇒株主優待券をタダで入手できるクロス取引とは?

クロス取引とは株主優待券をタダ(売買手数料はかかります)で入手することができる方法ですが、制度信用売りを使用してクロス取引をすると、逆日歩が発生して損をする可能性があります。

そこで、SBI証券の一般信用売り短期(5日)を活用すれば、逆日歩が発生しないため、確実に利益(株主優待券)を得ることができます。

しかし、一般信用売り短期(5日)は数に限りがあり、早い者勝ちのため、すぐに売り切れてしまいます。

そのため、一般信用売り短期(5日)を確実に仕掛けるためのタイミングについて解説します。

続きを読む

VIX指数のコンタンゴ 1日あたりどれくらい下落するのか

VIX指数自体が変動しないときでも、VIX指数に投資をするためのETFやCFDは下落(減価)していく傾向にあります。

参考⇒「VIX指数、原油等に投資すると減価する理由を徹底解説!

VIX指数連動銘柄に投資をするとほとんどの期間がコンタンゴであり、コンタンゴにより価格が下落していくことから空売りにより利益を出しやすいです。

そこでコンタンゴにより1日でどれくらい下落することがあるのか確認してみます。

続きを読む

2017年10月末 株主優待券クロス取引の候補銘柄 厳選

10月末の株主優待券、クロス取引の候補銘柄について厳選しました。

クロス取引とは株主優待券をタダで入手する方法です。詳しくはこちらの「クロス取引とは?」をご覧下さい。

候補については「時価総額が大きめ」「優待利回りが高め」「一般信用売りは可能か(SBI証券)」この3つのポイントを考慮して候補をピックアップしました。

※表示している株価は10/9現在の価格になります。株主優待及び配当は10月に貰える分だけ表示しています。

続きを読む

ノーベル賞受賞後の関連銘柄の株価動向(文教堂の過去の傾向)

2017年のノーベル文学賞は、カズオ・イシグロ氏が受賞となりました。

カズオ・イシグロ氏(62)は長崎県出身でロンドン在住の日系英国人作家で、日本人を描いた「遠い山なみの光」で1982年にデビューし、1989年には「日の名残り」で世界的権威のある文学賞の一つであるブッカー賞を受賞しています。

わたしを離さないで」では綾瀬はるか、三浦春馬主演でTVドラマ化され、最新作である「忘れられた巨人」は2017年10月に発売予定です。

続きを読む