2017年1月収支(任天堂、ゲーム関連銘柄について)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

〇損益合計:∔906,246円

昨年はVIX指数による利益が多くを占めましたが、1月は様々な銘柄で利益がありバランスよく取引ができたと思います。
VIX指数は月によってチャンスがある月となかなかVIX指数の変動がない月があるので、VIX指数の変動がなくても安定して利益をあげられるようにしたいです。

 

〇2017年1月好成績銘柄

1.1552 ETF VIX短期先物指数(VIX指数とは

損益合計:∔199,707円

 

2.7974 任天堂

損益合計:∔166,470円

ニンテンドースイッチ公開前に「空売り」しました。ニンテンドースイッチは初公開後は利益確定売りに押されて下落したのに加え、期待していた程のゲーム機ではないと評価され、大幅下落につながりました。
しかし、その後はニンテンドースイッチの売り上げがとてもよく、現在の任天堂は株は上昇トレンドを続け、大幅に上昇しています。

ゲーム関連銘柄(スマフォゲーム含む)は、新規ゲーム発表後に利益確定売りにより下落することが度々あるので、ゲーム発表前に上昇していた場合は、空売りするのもいいと思います。しかし、急上昇することもありますので、その場合は早めに損切りが必要です。

 

3.1570 日経レバレッジ

損益合計:∔117,044円

 

4.3299 ムゲンエステート

損益合計:∔87,644円

ムゲンエステートは高成長企業ですが、圧倒的な非常に割安株でした。そのため下げたところでは買って上がったところで売っていましたが、現在では大きく上昇してしまいました。
また、下落すれば買いたいと思います。

この記事がお役に立てたら
いいね!頂けると嬉しいです

Twitter で
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*