貯金だけをすると資産価値が半減!?貯金のデメリットと老後資金について

貯金だけをすると資産価値が半減!?貯金のデメリットと老後資金について

あまみちゃん

最近節約でお金が貯まるようになってきたんですけど、投資も大切なんですか?定期預金くらいしか知らなくて・・・
貯金はもちろんいざという時のために大切ですが、投資もとても大切なんですよ!

ラテ先生

あまみちゃん

なんで投資って大切なんですか?(貯金だけでもいいんちゃうの?・・・)
実は貯金が将来的に一番安全って訳ではないんですよ!この記事で解説しますね!

ラテ先生

あまみちゃん

・・・(貯金が一番大切って親には教わったんやけどな・・・)
なぜ親世代は貯金を推奨するのか?
一説に、太平洋戦争の敗戦処理の為に、政府が貯金を大々的に奨励したことで「貯蓄は美徳」という概念が日本人に浸透してしまったからだと言われている。

しかし、現在の政府はインフレ率2%を目指しており、投資を推奨している。

1.貯金が一番安全!?

あまみちゃん

やっぱり貯金が一番安全ですよね!(みんな言ってるし・・・)
私も昔そう思ってたんやけど、貯金には大きな弱点があるんやで!もちろんすぐに使える最低限の貯金は、いざという時に必要やけどね!

ほのかちゃん

あまみちゃん

でも老後資金のためにお金を貯めるなら、貯金が一番安全じゃないですか?(どう考えても貯金が一番安全やろ!!)
確かに貯金なら金額は変動しないけれど、価値は変動するみたいやで!

ほのかちゃん

(1)なぜ日本人は資産が減っていく貯金が好きなのか?

あまみちゃん

貯金は価値が変動するんですね!それでも貯金する人って多いですよね・・・
日本人には貯金が浸透してしまいましたからね・・・

ラテ先生

あまみちゃん

確かに親には「貯金をしなさい」って言われますけど、「投資をしなさい」とは言われませんね!
日本の環境では貯金の文化が根強くて、投資を始める環境がないんですよね・・・

ラテ先生

(2)なぜ貯金は価値が下落していくのか?

あまみちゃん

ところでデフレ時代なら貯金の価値は下落しないですよね!なぜ貯金は価値が下落していくと言われているんですか?
数十年前と現在では時代が変わってきていますからね!実際に2018年はインフレ率0.9%でしたよ!つまり、0.9%貯金の価値が下落したということです。

ラテ先生

あまみちゃん

定期預金で0.1%の利息をもらいましたけど、0.9%価値が下落しているなら、損していたってことですね・・・

 

あまみちゃん

インフレって気が付かない内に少しずつ進行しているんですね・・・確かに遊園地のチケットもどんどん値上げしていますね!
インフレによって物の価値は上昇し、貯金の価値は下落していきます!例えば日本政府が目標としているインフレ率2%なら、貯金の価値は毎年2%ずつ減少していきますよ!

ラテ先生

あまみちゃん

毎年2%程度なら大したことなくないですか?
インフレとは
インフレとは、インフレーション(inflation)の略で、物価が持続的に上昇すること。

時間の経過と共に物の価値が上昇し、お金の価値は下落していく。

毎年2%のインフレの影響は実はとても大きいですよ!下記は100万円を貯金した場合の資産価値の推移のグラフです。

ラテ先生

あまみちゃん

100万円を貯金でほっておくと老後には半分以下の価値になっちゃうんですか・・・
貯金の弱点はインフレなんです!日本政府はインフレ率2%を目指していますし、さらに少子化もインフレに繋がると言われています。

ラテ先生

少子化がインフレに繋がる理由
少子高齢化で労働人口が減少することで人手不足に陥り賃金が上昇し、物価が上昇する

また、人口減少で国力が下がり、円安に陥ることで、貯金の価値が下落する

あまみちゃん

インフレから資産を守る方法はないんですか?・・・
インフレヘッジと言いますが、インフレに強い資産を保有する必要があります!

ラテ先生

インフレヘッジとは
インフレによる通貨の価値下落を防ぐために、預金などの資産を、インフレにより価格上昇が見込まれる「株式」「不動産」などに換えること

あまみちゃん

つまり「貯金」だけではなく「投資」も必要ってことなんですね!
インフレ時代の到来が想定される今後の日本では「投資」は必須です!つまりいざという時の「貯金」とインフレから資産を守るための「投資」とのバランスが重要なんですよ!

ラテ先生

(3)なぜ日本政府はインフレ率2%を目指しているのか?

あまみちゃん

ところで何で日本政府はインフレ率2%を目指しているんですか?・・・インフレによってどんどん物が高くなってしまうなら、高くなる前に買わないと!
インフレなら物の値段が上がっていくので、今のあまみちゃんのように、「購買力が増えて」、「消費が進み」、「給料が上がる」といった経済の好循環を目指しているからです!

ラテ先生

あまみちゃん

インフレになると購買意欲が高まって、経済が好循環になるんですね!
そのために日本政府と日本銀行が一丸となってインフレ率2%を目指しています!

ラテ先生

あまみちゃん

ところで日本の借金は1,000兆円以上あるって聞きましたが、借金はインフレによってどのような影響があるんですか?
実はインフレによって借金は実質減ります!

下記はインフレ率2%における、日本の借金「1,000兆円」の実質価値の推移です!尚、金利等は考慮していません。

ラテ先生

あまみちゃん

日本の借金がインフレによってどんどん減っていますね!良いことですね!
確かに日本には良いことかもしれませんが、借りている日本が得(借金が減る)をするということは、貸している人は損をしているってことですよ!

ラテ先生

あまみちゃん

つまり国債を買ってる人が損をするってことですね!私は国債を買ってないから大丈夫です!銀行に預金はしてるけど・・・
参考 【入門編】個人向け国債とは?特徴と金利(利率)について解説あやたかの株ブログ
実は銀行に預金をしているということは、間接的に国債を買っていることになりますよ!銀行は預かった預金を国債を買うなどして運用しています!

ラテ先生

あまみちゃん

預金をしていると間接的に国債を買うことになるんですか!インフレによって損をするのは、預金をしている国民ってことなんですね!
日本の借金を減らすために、消費税を上げたり、相続税を上げると国民から批判されますが、インフレによって借金を減らすなら批判されないですからね!

ラテ先生

あまみちゃん

つまり、インフレによって国民が気づきにくいように日本の借金を減らす(国民の預金価値が実質減る)って手段もあるんですね!
そのため日本政府も国民の資産が減らないように資産運用を推奨していますね!未だに大半の方が資産運用をされていないみたいですが・・・

ラテ先生

(4)日本では投資をしている人が少ない

あまみちゃん

でも日本で投資をしている人って少ないですよね・・・(むしろ投資をしている人に会ったことない・・・)
日本は投資に関して学ぶ環境が無いので、投資をするきっかけが無いのが原因でしょうね・・・そのため今後インフレが進めば「投資をしている人」と「貯金のみの人」では、老後の資産に大きく格差が生じるかと思いますよ!ちなみにアメリカでは、投資をしている人の割合が日本と比べると圧倒的に多いんです。下記の記事を参考にしてみて下さい。

ラテ先生

参考 資産運用は誰がやっているのか?年収、海外、年代等で比較!あやたかの株ブログ

あまみちゃん

なんでアメリカでは投資をしている方の割合が多いんですか?(日本と全然違う・・・)
アメリカでは子供の頃から投資の重要性について教育する環境があるため、資産を増やすことの大切さを知っている人が多いからですよ。

ラテ先生

あまみちゃん

日本では投資について教えてくれないどころか、投資をしていると批判されるくらいですよね・・・(実際私も批判してた・・・)
確かに日本では投資に批判的ですが、自分の資産を通じて不労所得を受け取ることの重要性を理解している人が勝ち残る社会ですからね・・・日本は格差が生じる資本主義国家ですから、生き残るためには「投資」に関する知識を身に付けることが必須になるんです。

ラテ先生

あまみちゃん

投資が必要なことは分かったけれど、投資って難しいですよね・・・資産運用の知識何もありませんし・・・
この「初めての資産運用」シリーズでは、資産運用を初めて始める方向けの記事を随時更新していくので、現状知識はなくても大丈夫ですよ!むしろ投資に関する知識がある方の方が日本では珍しいですし!

ラテ先生

↓投資初心者の方にオススメな投資方法

参考 宝くじ銘柄?米国VIベアETFの1万円投資で1億円を目指す方法!あやたかの株ブログ

↓オススメな投資方法【まとめ】

参考 【まとめ】リスク別の投資方法18選(投資の勉強時間)あやたかの株ブログ

2.貯金と投資を徹底比較!

ほのかちゃん

さっそく「貯金派のあまみちゃん」と「積極投資派のあやたかくん」、「バランス派のほのか」の将来の資産を比較してみよう!

あまみちゃん

あやたかくんの年利6.76%って現実的に達成可能なんですか?
この年利6.76%は過去90年間のアメリカ主要指数「NYダウ」の平均年利やから、単純にアメリカ株関連の投資信託を購入すれば、これまでの傾向なら現実的に達成可能やで!さらに、この年利には配当金を含んでいないから、配当金を含めればさらに高い年利も期待できると思うで!

あやたかくん

参考 アメリカ株!ノーベル経済学賞受賞セイラー教授の投資手法!!あやたかの株ブログ

あまみちゃん

それならほのかちゃんの年利3.5%は何で運用するんですか?
Jリート(不動産投資信託)や投資信託、株式の長期投資等の複利で運用予定やで!ちなみにJリートの平均分配金利回りは4%付近を推移しているから、分散投資で低く見積もっても3.5%は期待できると考えているで!さらに不動産や株式はインフレにも強いメリットもあるからね!

ほのかちゃん

参考 Jリート(REIT)とは?不動産投資信託のメリットについてあやたかの株ブログ

あまみちゃん

なるほどです!(でも私の方が毎月の貯金額が大きいから有利やわ!)
では、まず5年後の資産を比較してみるね!

ほのかちゃん

あまみちゃん

貯金額に比例して私が一番資産増えていますね!(苦労して毎月7万円も貯金しているからね!)
次に10年後の資産を確認してみるね!

ほのかちゃん

あまみちゃん

貯金額が違うのに同じくらいになってきましたね・・・(なんで・・・)
20年後ならどうやろ!

ほのかちゃん

あまみちゃん

一番貯金額が大きいのに抜かれてしまった・・・(なぜ・・・)
では、老後の35年後ならどうやろ!

ほのかちゃん

あまみちゃん

あやたかくんとは2倍以上の差がついてしまいましたね・・・ほのかちゃんとも1.5倍くらいの差に・・・

ほのかちゃん

貯金額は違うのに「投資をする」と、「投資をしない」では将来的に圧倒的な差がついてしまうんやね・・・ところであまみちゃん、老後資金足りなくない?・・・
老後資金は一般的に3,000万円~5,000万円必要とのデータがありますね・・・

ラテ先生

あまみちゃん

毎月7万円も貯金してきたのに足りないんですか・・・
さらに今後はインフレの時代が来ることも予想されますし、物価の上昇を考慮すると2,946万円では老後資金が全然足りない可能性もありますね・・・

ラテ先生

3.老後資金はいくら必要なのか?

あまみちゃん

老後資金っていくら必要なんですか?

(1)生活費はいくら必要なのか?

まず総務省統計局の家計調査年報から高齢夫婦の平均家計収支を見てみますね!

ラテ先生

あまみちゃん

年金(社会保障給付)の平均支給額は193,051円なんですね!それで支出額合計(生活費)は267,546円ですか・・・その他の収入が無い方は毎月の収支が74,495円の赤字になってしまうんですね・・・
65歳まで働いて90歳まで生きたとすると、25年間で2,235万円の赤字になります。

ラテ先生

あまみちゃん

私の貯金は2,946万円あるので全然足りるじゃないですか!

(2)生活費以外にいくら必要なのか?

-2235万円はあくまでも生活費のみの支出なので、老後は他にも様々な支出がありますよ!

ラテ先生

あまみちゃん

老後の生活費以外の支出ですか・・・旅行行きたいな~、車も移動に必要ですよね・・・
病気したらお金かかりそう・・・介護や葬儀費も子供に負担させたくないやんな・・・

ほのかちゃん

あまみちゃん

生活費以外にどれくらいの資金が必要なんですか?
介護費は生涯で1人あたり500万円弱必要との調査結果(生命保険文化センター)があります。また葬儀費は1人あたり平均200万円程になるそうです。

ラテ先生

あまみちゃん

つまり夫婦で「介護費500万円×2」と「葬儀費200万円×2」が必要なんですか・・・生活費の他に1,400万円も必要なんですね・・・
老後に必要な資金は合計すると3,635万円必要になります。

ラテ先生

あまみちゃん

毎月7万円貯金で貯めた2,946万円やと足りないじゃないですか・・・どうしたらいいですか?・・・
75歳くらいまで働くしかないですね。さらにインフレによる物価上昇や、消費税率増税、年金額の減少等を考慮すると全然足りないかと思います。

ラテ先生

あまみちゃん

やはりインフレ時代の今後は貯金だけでは限界があるんですね・・・毎月7万円も貯金したのに・・・

(3)老後の生活を比較

あまみちゃん

私とほのかちゃんとあやたかくんの老後の生活はどのようになるのかな・・・

あまみちゃん

圧倒的な格差がありますね・・・これが格差社会ですか・・・むしろほのかちゃんなら60歳、あやたかくんなら55歳でリタイアできますね!
毎月の貯金額はあまみちゃんが一番多いですが、資産運用を知らないだけで、こんなにも格差が出てきてしまいます。これが情報格差ですね!

ラテ先生

あまみちゃん

でも資産運用って何から始めたらいいのか全く分からないんですよね・・・
日本では基本的に周りで資産運用を教えてくれる人なんていませんからね・・・そのため、独学で学ぶしかありません!

ラテ先生

あまみちゃん

金融知識が皆無の私でも独学で資産運用を学ぶことができるんですか?
プロレベルになるには時間がかかりますが、最低限必要な資産運用の知識なら少し勉強するだけで大丈夫ですよ!今後この「初めての資産運用」シリーズで連載していきますね!

ラテ先生

(4)老後資金は7,200万円必要かも?

あまみちゃん

老後資金って大体3,000万円ほどあれば、とりあえずは大丈夫そうですね!
実は、3,000万円では完全に安心はできないかもしれませんよ!これまでの記事のインフレを考慮してみると・・・

ラテ先生

あまみちゃん

最悪のケースを考えると7,200万円ですか・・・さすがに貯金だけでは貯められる額ではないですね・・・貯められなかったらどうなるんでしょうか?・・・
どうなるかは分かりませんが、老後貧乏な生活になるのは間違いないでしょうね・・・

ラテ先生

あまみちゃん

老後資金が不足すると想像するだけでも恐ろしいですね・・・
たった一度の人生の老後ぐらいは楽しんで暮らしたいですよね・・・是非しっかり勉強して資産運用を身に付けましょう!「知識は実践されないと価値がない。初めてのことでも挑戦してみましょう!」

ラテ先生

↓投資初心者の方にオススメな投資方法

参考 宝くじ銘柄?米国VIベアETFの1万円投資で1億円を目指す方法!あやたかの株ブログ

↓オススメな投資方法【まとめ】

参考 【まとめ】リスク別の投資方法18選(投資の勉強時間)あやたかの株ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です