宝くじ銘柄!?「米国VIベア」の1万円投資で1億円を目指す投資方法!

【入門編】iDeCo(イデコ)とは?税控除を分かりやすく解説

あまみちゃん

最近ニュースで「iDeCo(イデコ)」っていう言葉を聞いたんですけど、年金とか税金とか難しそうな説明ばかりで良く分かりません・・・
「iDeCo(イデコ)は初心者でも始めやすい資産運用の方法ですね。最大の特徴は「所得控除が出来ることですが、あまり馴染みが無いので分かりにくいですね。

それでは、「iDeCo(イデコ)」の特徴と所得控除の仕組みを学んでみましょう!

ラテ先生

1.iDeCo(イデコ)の特徴

「iDeCo(イデコ)」とは「個人型確定拠出年金」の愛称のことです。税金を控除しながら、自分自身(個人)で老後資金を作っていくためのお得な年金制度です。

ラテ先生

あまみちゃんのワンポイントレッスン
iDeCo = individual-type(個人型) Defined Contribution pention plan(確定拠出年金)

(英語はむずかしい…カタカナでおぼえよう(;´∀`)… byあまみちゃん)

あまみちゃん

「iDeCo(イデコ)」って年金のことだったんですね。国民年金や厚生年金とは違うんですか?
年金といっても、国民年金や厚生年金とは大きく違いますね。「iDeCo(イデコ)」の運用方法は下の通りです。

ラテ先生

・毎月一定のお金(5000円以上)を掛け金とする。

・掛け金で金融商品(投資信託、定期預金、保険など)を選んで運用する。

・60歳以降に運用した資産を受け取る。

あまみちゃん

毎月投資して、60歳にその成果を受け取るんですね。それだけ聞くと普通の投資と比べて、60歳まで受け取れないデメリットだけが残ると思うんですけど、何がお得なんでしょう・・・
そう、それだけだとメリットを感じませんね。「iDeCo(イデコ)」最大のメリットは「掛け金」がすべて「所得控除」されるところにあります。その結果、所得税や住民税が軽くなるんです。

ラテ先生

あまみちゃん

なるほど!そんなメリットが!・・・

って言いたいところなんですけど、実は所得税の仕組みが良く分かってないんです。所得控除って何でしょうか?

所得っていうのは簡単にいうと「年収」ですね。所得税はその「年収」に対して「所得税率」を掛けて「所得税」を計算するんですが、「所得税率」を掛ける前に「基礎控除」「生命保険料控除」「社会保険料控除」などで引くことができるんです。これが一般的に所得控除と言われているものですね。

「iDeCo(イデコ)」に支払った掛け金はすべて「所得控除」できますので、その分所得税が軽くなるということです。イメージは下に書いたような感じです。

ラテ先生

あまみちゃん

イメージ湧きました!お給料をただ単に貯金するよりも、「iDeCo(イデコ)」に回した方が確かにお得そうですね!ちなみに「iDeCo(イデコ)」を活用するとどれくらい所得税が軽くなっていくのでしょうか?
所得税は累進課税なので人によって所得税の負担が変わるんです。せっかくなので、所得税の仕組みをもう少し勉強してみましょうか。

ラテ先生

2.所得税の控除と税率

所得税は「所得」に対して掛かる税率ですが、「所得」とは簡単に言うと「給料」から「控除」分を引いたあとのお金になります。

ラテ先生

「所得」=「給料」ー「控除」

給与所得の場合、最低でも「103万円 ー(給与所得控除65万円)-(基礎控除38万円)」が控除されます。給料が103万円のとき、

「所得」=「103万円(給料)」ー「103万円(控除)」=「0円」

となりますので、給料に対する所得税は掛かりません。パートやアルバイトなどで103万円を超えないようにするのはここから来ていますね。

ラテ先生

あまみちゃん

103万円を超えたら所得に対して税率がかかるんですね。実際、どれくらい所得税って掛かっているんですか?
国税庁のHPに速算表が載っていますね。「所得」に対して5%から段階的に増えていきますよ。

ラテ先生

※参考:国税庁HP(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

あまみちゃん

何段階かに分かれて税率って決まっているんですね!あれ?ちょっと待ってください!

「所得」が195万円で5%だと、97,500円が税金になりますよね。あと1万円多く稼ぐと、196万円のうちの10%で196,000円が税金になります。働いたのに貰えるお金が少なくなってしまいませんか??

実は急に税金の支払いが急増しないようになっています。表の右側に「控除額」という記載がありますね?これが税率の切り替わりの際に追加で控除される額になります。

先ほどの196万円の場合、10%の「196,000円」から控除額「97,500円」を引いて、「98,500円」が所得税として支払うことになるんです。

ラテ先生

※正確には給与所得控除額も変化するため若干上記とは異なります。(byラテ先生)

あまみちゃん

働いたのに貰えるお金が減ることは無いんですね。安心しました。
給料と所得税のイメージは下のグラフのようになりますね。

ラテ先生

※給与所得の計算は国税庁HPより下記表を使用しています。また、このグラフには「給与所得控除」と「基礎控除」のみを計算に入れており、社会保険料等の控除は含んでいません。

※参考:国税庁HP(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1410.htm

3.iDeCo(イデコ)のお得度

あまみちゃん

「iDeCo(イデコ)」の話に戻りますけど、給料によって所得税率がバラバラなので、税控除のお得度が違うんですね。
その通りです。上のグラフを元に年収300万円の人と年収800万円の人の違いを見てみましょう。

ラテ先生

あまみちゃん

同じ積立額でも年収の違いで控除される額が全然違うんですね!所得税率5%の人でも24万円積み立てて15%お得になるって結構凄いんじゃないでしょうか・・・
それが「iDeCo(イデコ)」のポイントですね。株取引で年利5%は難しいと言われている中、掛け金だけで15%、30%といった投資効果がありますから。実際は口座手数料などがあるので若干お得度は下がりますが、それでも効果的な資産運用の一つといえますね。特に給料が高くて、貯金以外に特に使い道がない会社員にはおススメです。

ラテ先生

あまみちゃん

減るお金を減らすことも立派な資産運用なんですね!目からウロコです!
今回は「iDeCo(イデコ)」のイメージを理解してもらいましたので、次回は「iDeCo(イデコ)」の投資方法を紹介しましょう。

ラテ先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です