宝くじ銘柄!?「米国VIベア」の1万円投資で1億円を目指す投資方法!

投資初心者にオススメ! ローリスクなIPO投資とは?

あまみちゃん

IPO投資ってなんですか?
特に知識や経験は不要な投資方法なので、投資初心者の方にとてもオススメな投資方法やで!

簡単に説明すると、抽選に当てることでローリスクで利益が出せるから、是非投資初心者の方に学んでほしい投資方法やで!

あやたかくん

1.IPOとは?

あまみちゃん

そもそもIPOってなんですか?
IPOについて1から説明していくね!

あやたかくん

(1)「上場会社」と「非上場会社」がある

まず会社には「上場会社」と「非上場会社」があり、株式を売買できるのは「上場会社」のみです。

※「非上場会社」の株は「証券取引所」で取り扱っていないので、買うことができません。(当事者間での売買は可能)

 

(2)IPO(新規上場株)

「非上場会社」が新たに「証券取引所」に上場することを「IPO(新規上場株)」といいます。

このIPOで「非上場会社」は「証券会社」を通じて上場前の株を公募価格(上場前に入手できる株価)で投資家へ配分します。

この公募価格と比較して、初値(上場日に付く初めての株価)の方が高いことが多いことから、上場前に公募価格で入手することができれば、利益を出せる確率がとても高いです。

※2017年の実績では、全てのIPOで「公募価格で入手⇒初値で売却」をすると、1,900万円以上のプラスになっている計算です。

しかし、公募価格での入手は人気が高いことから、抽選に当たった場合のみ入手可能です。

IPOの抽選は無料で受けられます

抽選に当たると、IPO株を公募価格で購入する権利が貰えますので、購入手続きをすることで購入できます。

 

(3)IPOの実際の例

2018年にIPOが実施された「HEROZ(ヒーローズ)」という銘柄では、公募価格が(100株あたり)45万円に対して、490万円の初値が付きました。

 

2.IPOのメリット、デメリット

あまみちゃん

IPOって抽選は無料で受けられて、さらに当たった場合は大きな利益を得られる可能性があって、無料の宝くじみたいですね!

ところで、デメリットはないんですか?

メリット、デメリットを一覧にしたで!IPOは特に大きなデメリットはないかな!

あやたかくん

メリット
  1. 抽選に当たれば大きな利益を期待できる
  2. 抽選は無料で受けられる
デメリット
  1. 公募価格よりも初値が下回ることがたまにある

あまみちゃん

公募価格よりも初値が下回ることがたまにあるんですね・・・
でも評価の高い銘柄だけを選んで抽選を受けることで、損失する可能性はほぼなくなるで!

あやたかくん

あまみちゃん

評価の高い銘柄はどのように探せばいいんですか?・・・
下記の参考サイトの評価「S、A、B」なら損失する可能性はとても低いで!

評価「C」はたまに損失することがあって、評価「D」は抽選を受けない方がいいかな・・・

あやたかくん

参考 IPO企業情報の一覧表やさしいIPO株のはじめ方

あまみちゃん

この評価を参考にすれば、デメリットは回避できますね!

 

3.IPOの抽選を受ける方法

あまみちゃん

さっそくIPOの抽選を受けてみたいんですが、どうすればいいですか?
IPOの抽選は証券口座を開設することで、抽選を受けることができるで!

ただし、IPOに力を入れていない証券会社や資金力が多い程、当選しやすくしている証券会社もあるから、各証券会社のIPO状況について説明するね!

あやたかくん

(1)資金力によって当選確率が変動する証券会社

「SBI証券」と「楽天証券」は資金力によって当選確率が変動します。

 

(2)裁量配分が多い証券会社

IPOの配分方法には「抽選配分」と「裁量配分」があり、「裁量配分」でIPOを入手するためには(1)と同様に資金力が必要であったり、営業マンが付いている必要があったりします。

「野村證券」、「大和証券」、「SMBC日興証券」等は「裁量配分」の割合が大きいです。

 

(3)個人投資家の狙い目の証券会社の条件は?

個人投資家(資金力が少ない場合)の狙い目の証券会社は、下記の条件になります。

IPO狙い目の条件
  1. 完全平等抽選(1人1票抽選)の割合が高い
  2. 開設口座数が少ない(ライバルが少ない)
  3. IPOの取り扱い数が多い

あまみちゃん

裁量配分ではなく、完全平等抽選の割合が高くてライバルが少なくIPOの取り扱い数が多い証券会社が個人投資家には向いているんですね!

どの証券会社がこの条件に当てはまりますか?

次の章で徹底的に比較するね!

あやたかくん

 

4.IPOにおすすめの証券会社

まずは各証券会社のIPOの条件について比較します。

(1)証券会社IPO比較

個人投資家(資金力が少ない場合)のIPO投資には、「岡三オンライン証券」、「マネックス証券」、「SBI証券(IPOチャレンジポイント狙い)」が向いています。

※IPOの抽選は各証券会社から受けることができます。

例えば上記でご紹介した「HEROZ(ヒーローズ)」では、口座さえ保有していれば「岡三オンライン証券」、「マネックス証券」、「SBI証券」それぞれで抽選を受けることができます。

そのため、IPO投資ではいくつかの口座を保有していると抽選を受けられる数が増えますので有利になります。

 

(2)岡三オンライン証券のIPOについて

岡三オンライン証券は2013年からIPOの取り扱いが始まり、最近IPOに力を入れ始めているため取り扱い数が急速に増えています。

特に資金を口座に入れなくても抽選を受けることができ、口座開設数も圧倒的に少ないため、穴場と考えています。

※一般的にはIPO株を購入できる分の資金を口座に入れないと抽選を受けられません。

つまり、岡三オンライン証券は口座開設後に、「IPO抽選」を受け続けて、当選後に口座に資金(IPO株購入資金)を入れることでIPO株を購入することができます。

↓あやたかの株ブログ限定で現金2,500円プレゼントキャンペーン実施中↓

また、岡三オンライン証券は投資信託購入時の手数料が無料になる「ZEROファンドプログラム」

「1日あたり20万円以下の株式取引手数料が0円」という取り組みを実施しており、投資初心者にとても優しいネット証券になりました。

参考 岡三オンライン証券についてあやたかの株ブログ

 

(3)SBI証券のIPOについて

SBI証券のIPOでは、IPO抽選に外れる毎に「IPOチャレンジポイント」が貯まります。

このIPOチャレンジポイントを貯め続けることで、いつかは必ずIPOに当選する仕組みです。

 

5.さいごに

あまみちゃん

まず投資初心者の私がIPO投資を始めるなら、抽選を受けるための入金が不要な岡三オンライン証券で抽選を受け続けたらよさそうですね!
IPO株は当選後に「買う」か「買わない」か選ぶことができるので、まずは抽選を受け続けて、当選後にIPO株を購入するか考えればいいね!

あやたかくん

あまみちゃん

IPO投資って、無料の宝くじ感覚で始められますね!

 

6.IPO投資を簡単に動画で解説

IPO投資について10分で解説している動画になります。

↓あやたかの株ブログ限定で現金2,500円プレゼントキャンペーン実施中↓

 

7.IPO投資について絵で簡単に勉強しよう!

IPO投資について、分かりやすい絵をInstagram(y151cm)さんが作って下さいました。

IPOとは?・・・

② 上場会社と非上場会社

③ 非上場会社が上場会社になる前に、公募価格が決められる

④ IPO投資で利益が出しやすい仕組み

y151cm)さんありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です