宝くじ銘柄!?「米国VIベア」の1万円投資で1億円を目指す投資方法!

イーサリアムとは? 概要と今後(将来性)について

この記事では、仮想通貨初心者の方に向けて、時価総額第2位であるイーサリアムの概要や将来性について説明しています。

ビットコインとイーサリアムは、大きく異なるので、その違いに注目しながら、読み進めてみると良いかもしれません。

イーサリアムはここ1年間で約50倍程上昇し、仮想通貨の中でもとても注目を集めています。

※このサイトの仮想通貨「Ayataka Coin」発行!

1.イーサリアムの成り立ち

イーサリアムは、ロシア出身のハッカーVitalik Buterin(ヴィタリック・ブリテン)によって、考え出されました。

彼は、ビットコインのシステムに感銘を受け、研究に勤しんだ結果、独自の着眼点から、イーサリアムを考え出しました。

2013年頃からイーサリアムの開発を始め、2014ICO(Initial Public Offering)という方法で約16億円の資金を獲得しました。

 

2.イーサリアムの仕組み

ここでは、イーサリアムの仕組みを3つの項目に分けて説明します。

(1)分散型アプリケーションプラットフォーム

イーサリアムは、分散型アプリケーションプラットフォームです。

簡単にいえば、イーサリアムのブロックチェーン上で、誰もがアプリケーションを作成して、走らせることができるということです。

開発言語である「Solidity」は、どんなプログラムでも記述できる(チューリング完全ため、ありとあらゆるプログラムを作ることが可能です。

これらのアプリケーションをDapps (自律分散型アプリケーション)と呼びます。

 

(2)スマートコントラクト

「スマートコントラクト」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないかと思います。

イーサリアムでは、ブロックチェーン上に取引データだけではなく、コントラクト(契約)を書き込めます。

スマートコントラクトの技術を使えば、従来の契約における第三者機関による保証が不要になるため、当事者間でコントラクトを自動執行することができます。

コントラクトというと堅いイメージを持ちがちですが、コントラクトもブロックチェーン上で走っているプログラムに過ぎません。

 

(3)ETH(イーサ)

イーサリアムのブロックチェーンを利用するためには、ETH(イーサ)と呼ばれる通貨を使用しなくてはいけません。

ETHGAS(ガス)とも呼ばれています。

つまり、プログラムを走らせるための燃料です。

もし、GASがなければ、永久的にプログラムを実行することができ、ネットワークのパンクに繋がってしまうので、GASという利用料によりシステムを維持しています。

 

3.イーサリアムの将来性

(1)イーサリアムのチャート

現在の1ETHの価格は、2017年12月7日現在で約50,000円です。2016年12月には約1,000円程でした。

つまり、約50倍も成長していることになります。特に5月以降の伸びは目を見張るものがあります。

今後も成長が続くかどうかはわかりませんが、通貨としての存在感は、日に日に増していくと考えられます。

 

(2)EEA(Enterprise Ethereum Alliance)の存在

イーサリアムの理念に共感した企業により、EEAが結成されています。

参加企業は、トヨタをはじめマイクロソフト、JPモルガン、アクセンチュアなど名だたる企業が名を連ねています。

EEAの存在は、イーサリアムの価値を担保してくれています。

 

(3)バージョンアップに期待

イーサリアムには、大規模なバージョンアップが4つ用意されていて、その内3つはすでに完了済みです。

2017年10月に実施された3番目のバージョンアップである「メトロポリス」では下記の内容が行われました。

・セキュリティ強化

・プライバシー保護強化

・スマートコントラクトのコスト削減

・マイニング方式移行(PoW → PoS)

また、イーサリアムの取引量が増えたことによって生じた「スケーラビリティ問題」に対応するため、「Plasma」という新技術が実装される予定です。

これが成功すれば、スピーディーかつ匿名性の高い取引が行えるようになります。

 

4.まとめ

この記事では、イーサリアムの成り立ち、仕組み、将来性について説明しました。

急成長を続けているイーサリアムについて今後いくらまで上昇していくのか注目です。

※このサイトの仮想通貨「Ayataka Coin」発行!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓ブログランキングUPのために応援クリック頂ければとても嬉しいです↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 人気ブログランキング

HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です