宝くじ銘柄!?「米国VIベア」の1万円投資で1億円を目指す投資方法!

おすすめの証券会社

多数ある証券会社の中でどの証券会社を使用したらベストなのか分からなかったので、これまで10社以上の証券会社を開設しました。

その中で現在取引に必須になっている証券会社と理由を記載します。

必須になっている証券会社はどこも口座管理手数料は無料ですので、開設しておけば間違いなくメリットになると思います。

あやたかの使い分け
岡三オンライン証券⇒投資信託、ETF、株の少額取引、IPO投資

ワンタップバイ⇒米国株

GMOクリック証券⇒CFD取引

SBI証券⇒一般信用取引(空売り)、PTS(夜間取引)、IPO投資

楽天証券⇒銘柄分析

〇GMOクリック証券

1.取引口座が豊富
証券口座、FX口座、CFD口座等様々な商品を扱うことができます。さらに各口座間の資金移動はリアルタイムで可能なため、証券口座とCFD口座等、いくつかの口座を扱う方にはとてもオススメです。

2.手数料が安い
証券会社の証券口座、FX口座、CFD口座の各手数料を比較しました。

「GMOクリック証券」はどの手数料を比べても業界最低水準です。特にCFD口座の手数料は他を圧倒しています。(CFDとは

GMOクリック証券

下記のリンクはCFD口座も同時に開設できるのでオススメします。
GMOクリック証券【CFD】
※「宝くじ銘柄」の購入には上記のCFD口座が必要です。
参考 宝くじ銘柄?米国VIベアETFの1万円投資で1億円を目指す方法!あやたかの株ブログ

下記のリンクはFX口座を同時に開設できます。
GMOクリック証券【FXネオ】

〇岡三オンライン証券

投資初心者の方向けに進化を続けている岡三オンライン証券です。

↓下記の記事で詳しく詳細を記載しています。

参考 投資初心者におすすめ!岡三オンライン証券とは?本社に訪問編あやたかの株ブログ

1.取引手数料が「20万円」までなら無料!
定額プランなら取引手数料が1日「20万円」まで無料です。
そのため、少額投資の場合は手数料分、有利に取引ができます。
株主優待目的やETF(上場投資信託)少額投資に活用できます。

2.投資信託購入時の手数料が無料!
ロードファンド(購入時に手数料がかかる投資信託)について、手数料相当額をキャッシュバックする「ZEROファンドプログラム」という制度があるため、投資信託購入時の手数料が実質0円です。

NISA口座も対象です。
「積立買付」(毎月一定金額を買付)でも対象です。
※ブル・ベア型投資信託およびETF等の上場投資信託は除く。

3.IPO投資に向いている
投資初心者におすすめなIPO投資にも向いています。

参考 投資初心者にオススメ! ローリスクなIPO投資とは?あやたかの株ブログ

資金を証券口座に入れていなくてもIPOの抽選を受けられる特徴が、資金の少ない方にとって、とてもメリットになります。

4.投資初心者向けの取引ツールがある
株をはじめたばかりの方でも簡単に取引ができる「岡三かんたん発注」というツールが使えます。

 

〇ワンタップバイ

1.アメリカ株を「1,000円」からとても簡単に購入できる
アメリカ株は長期的に上昇トレンドが継続しており、とても魅力的な投資先ですが、購入方法が日本株よりも多少複雑なところが欠点です。
しかし、ワンタップバイならどの株も「1,000円」から簡単に購入することができます。

2.アメリカ株を簡単にまとめて購入することができる
アメリカ株を買いたくても、どの株を買えば良いのか分からない・・・
そんな時でもアメリカ株をまとめて購入することができます。

※「相場が上がったら儲かる」を購入した場合はアメリカ主要3指数の「S&P500」に連動した値動きになります。

3.ワンタップバイの特徴
ワンタップバイは投資が初めての方でもとても簡単に投資を始められるアプリです。

One Tap BUY の特徴
  1. 少額投資では手数料が圧倒的に安い
  2. 1,000円から投資ができる
  3. わすか3タップで株を売買できる
  4. 売買は24時間いつでもできる(米株)
  5. 口座開設がとても簡単

4.CFD取引も簡単!
CFD取引についても簡単に操作ができ、さらに一から説明してくれるチュートリアルがついています。

参考 CFD取引の入門!?ワンタップバイCFDとは?あやたかの株ブログ

 

〇SBI証券

1.夜間取引(PTS取引)ができる(これが一番の理由)
通常なら市場で「9:00~11:30」、「12:30~15:00」しか取引ができませんが、
PTS取引なら「8:20~16:00」「18:00~23:59」夜間にも取引をすることができます。
つまり日中仕事の方でもリアルタイムで株を売買することができます。


2.一般信用売りが豊富
株主優待権利落ち狙いの空売り時は逆日歩がよく発生してしまいますが、
一般信用売りなら逆日歩は発生しません。


3.IPO(新規公開株)の取扱いが多い
IPOの取扱い数がダントツに多いです。

さらに当選に外れてもIPOポイントが溜まり、これを使用することにより当選させることができます。

 

〇楽天証券

スマフォアプリiSPEEDがとにかく使いやすい
これは他証券会社を圧倒しています。

お気に入りの管理からチャートの見やすさ、さらに情報ツールがしっかりしています。

日経ニュースが見られる日経テレコンも無料で閲覧できます。

 

〇まとめ
株取引は「SBI証券」と「GMOクリック証券」で、情報収集は「楽天証券」で、CFD口座とFX口座は「GMOクリック証券」を使えば手数料を抑えながら効率よく情報収集が可能です。

HOMEへ