宝くじ銘柄!?「米国VIベア」の1万円投資で1億円を目指す投資方法!

米国VIベアETF併合の影響と対応方法について

あまみちゃん

米国VIベアETFが2018年9月17日に併合されるって表示されているんですが、どのような影響があるんですか?

(そもそも併合ってなんですか?・・・)

併合は特に大きな影響はありませんこの記事で併合について説明しますね!

ラテ先生

 

1.併合とは?

複数の株式を1株にまとめることです。(下記は2株を1株に併合する場合の例)

つまり、今回の場合は4株を1株にまとめるため、保有している株数は4分の1になりますが、価格(価値)は4倍になります。

つまり、株数は減るが、価値は上がるため、併合が発生することで得や損が発生することはありません!

 

2.米国VIベアETFを購入する場合の対応は?

今回の併合では4株を1株に併合します。

つまり、4の倍数で購入することで、併合後も保有を続けることができます!

推奨としては、数量4(6,500円程)もしくは数量8(13,000円程)で購入することをオススメします!

数量「8」購入した場合は、併合後の数量は「2」になります。

※ロスカットレートの変更方法については、下記の記事に記載しております。

参考 宝くじ銘柄?米国VIベアETFの1万円投資で1億円を目指す方法!あやたかの株ブログ

 

3.米国VIベアETFを保有している場合はどうなるか?

4株が1株に併合されるため、4の倍数以外で保有している場合は、4で割り切れない数量が併合時に自動で売却されます。

数量「7」保有している場合は数量が「4⇒1」になり、余りの「3」は自動で売却されます。

 

4.米国VIベアETFを保有している場合の対応は?

4株が1株に併合されるため、4の倍数で保有している場合は何の対応も必要ありません。

つまり、4の倍数で保有していない場合においても、4の倍数にすればいいだけです。

例:数量「6」保有している場合は「2」売却して、数量を「4」にする。

※ほったらかしでも、自動で「2」売却されるため、問題ありません。

もしくは、「2」購入して、数量を「8」にする。

※推奨としては、「2」購入する場合だと再度「入金」が必要になるため、「2」売却して数量を「4」にする選択で良いかと思っています。

 

5.数量「4」にしてしまうと1億円目指せないのでは?

米国VIベアETFは数量を少し減らしたことで1億円を目指せなくなるほど、ポテンシャルは低くありません。

自分は新たな投資方法の開発や特異性のある銘柄を探して検証することを趣味としていますが、数ある長期投資方法の中でも高パフォーマンスだった銘柄が、米国VIベアETFになります!

では、数量4(約6,000円)の場合のパフォーマンスを過去のVIX指数データに照らし合わせて確認します!

算出方法
「米国VIベアETF」は2018年1月に上場していることからデータが無いため、1990年からのVIX指数の値を元に算出しています。

VIX指数を米国VIベアETFの値動きに換算するため、推定換算率「-0.21253」を使用。

さらにコンタンゴによる1日あたりの推定上昇率「0.225%」で算出。

まずは1990年~2000年の10年間保有を継続した場合のデータを確認します。

あまみちゃん

10年経っても50万円にしか、なっていないじゃないですか・・・1億円本当に目指せるんですか?・・・

問答無用で次は1990年~2005年の15年間保有した場合のデータを確認します。

あまみちゃん

一気に増えましたね!!・・・

複利効果の影響ですね。米国VIベアETFは自動的に複利効果が発生するので、時間を味方にすることができます。

複利効果はアインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだほどの仕組みです。

複利効果とは
投資で得た利益をふたたび投資することで、利益がさらに利益を生む効果です。つまり、雪だるまのように利益が大きくなるほど、上昇幅も大きくなります。

宝くじ銘柄の場合は、コンタンゴによる利益が日々評価益に含まれますので、自動的に複利効果を得られます。

次に1990年~2012年の22年間保有した場合のデータを確認します。

あまみちゃん

1億円いきましたね!複利効果凄いです!!

つまり、数量「4」の6,000円投資でも理論上、十分に1億円を目指せるポテンシャルはあります。

 

6.2,000円積み立て投資は継続できるのか?

結論から言いますと「継続可能」です!

参考 宝くじ銘柄の2000円投資生活で1億円を目指そう!!あやたかの株ブログ

むしろ、価格の上昇を想定して作成した記事なので、

追加投資については「余力÷(必要証拠金×5)」としています。

つまり、2,000円を積み立て投資し、この計算式に当て嵌めることで「1」に満たない場合は、その月は購入しません。

毎月2,000円を積み立て投資し、この計算式で「1」を超えた時だけ購入します。

そのため、実際の購入は現在の価格だと、3~4ヵ月に1回になるかと思われますが、2,000円積み立て投資は継続可能です!

 

7.今後の記事更新予定について

・「宝くじ銘柄」の記事や「宝くじ銘柄積み立て投資」の記事は併合後に更新予定です。

※併合後の画像を使用したいため。

・「宝くじ銘柄2」及び「VIX指数短期投資のリスクヘッジ方法」について現在検証中ですので、検証が完了次第投稿致します。

元手0円で複利効果により1,000万円を目指せる「宝くじカードについて、資産の増加推移等をトレース予定です。

参考 宝くじカード!?元手0 リスク0 知識0で投資を始めよう!あやたかの株ブログ

・圧倒的パフォーマンスで話題の「ライジング銘柄」について、こちらも調査&検証中です。

 

8.最近頂いたご質問についての回答

〇宝くじ銘柄の積み立て投資はどうやればいいですか?

⇒下記の記事をご参照下さい。

参考 宝くじ銘柄の2000円投資生活で1億円を目指そう!!あやたかの株ブログ

〇VIX指数のリアルタイムチャートはどこで見られますか?

⇒下記の記事にオススメのチャートを記載しております。

参考 VIX指数リアルタイムチャートの一番オススメは?(恐怖指数チャート)あやたかの株ブログ

〇VIX指数短期投資方法を教えてください。

⇒下記の記事に短期投資方法の詳細を記載しております。後日追加でリスクについての考え方についても投稿予定です。

参考 VIX指数の短期投資手法を徹底解説!短期投資3つのメリットについてあやたかの株ブログ

〇宝くじ銘柄が大きく下落する確率について教えてください?

⇒下記の記事に過去データを元に暴落確率を算出しています。

参考 宝くじ銘柄「VIX指数」長期投資の利益を過去データから分析!あやたかの株ブログ

また、宝くじ銘柄では1万円投資(今後は7,000円投資か14,000円投資を予定)を推奨しており、万が一価格が0になった場合においても1万円未満の損失になるように考慮しています。

〇米国VIベアETFは併合によって暴落しますか?

併合による影響で暴落はありえません。

投資家は先を見通すため、例え暴落するとしたら「併合発表時」に暴落するものですが、全く暴落していないことを考えると米国VIベアETFの価格に影響がないことは一目瞭然です。

ちなみに例え、影響があったと仮定すると、米国VIベアETF「SVXY」の時価総額は50億ドル程です。

VIX指数の変動の元となっている「S&P500」の構成銘柄の時価総額は200,000億ドル超えです。

その価格差は約4,000倍です。「併合の影響」が多少なりとも、あったとしても暴落はありえないです。

また、SVXYについては、VIX指数の騰落率によって変動する銘柄です。

そのため例え、米国VIベアETFの価格が「10」であろうが、「100」であろうが、ボラティリティ(変動率)は何も変わりません。

 

9.まとめ

併合によって米国VIベアETFの価格に影響があることはありません。

また、併合により購入数量及び保有数量が変更になりますが、4の倍数を保有すればいいだけですので、余りを売却することで調整することが一番簡単です。

購入して調整する場合についてのロスカットレートの調整方法は「宝くじ銘柄」の記事のロスカットレート変更方法の計算式に当て嵌めることで調整が可能です。

併合についての記事の投稿が遅くなり、大変申し訳ございません。今後ともよろしくお願いいたします。

4 Comments

TAKE

早い記事のアップありがとうございました。参考にさせていただき、併合後は短期投資も視野にチャレンジしていきたいと思います。

返信する
たまのつ

3しかないので1買しなきゃ!

ユーチューブで勉強してます。あやたか投資塾最高です!

返信する
akane

あやたか先生のブログで勉強して、1万円投資を2つ保有してます(建玉6×2=12)。
お忙しいなか質問で恐縮なのですが、4の倍数以外は自動売却されるとの事ですが、金額としてはどのような変化があるのでしょうか?
無知すぎてすみません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です