貯金だけをすると資産価値が半減!?貯金のデメリットと老後資金について

米国VIブルETFの長期投資で安定的に利益を出す方法!利益はどれくらい出るの?

ほのかちゃん

VIX指数って上昇した時に投資すれば利益が出しやすいことは分かったけど、具体的にどれくらい上昇した時に投資したらいいの?

参考 VIX指数とは?投資初心者にも分かりやすく解説【投資方法まとめ】あやたかの株ブログ

VIX指数はどこまで上昇するのか予測するのは難しいけれど、上昇しても元の水準に戻る傾向があるから、上昇する度に「売り」で分散投資をするのが、一番安定的に利益を出すことができるで!

あやたかくん

ほのかちゃん

なるほど!上昇する度に少しずつ投資すればいいのか!でももう少し具体的に教えてほしいな・・・

1.VIX指数に投資するための銘柄

ここではVIX指数に長期投資するために安定的に利益が出せる2つの銘柄「米国VI(CFD口座)」、「米国VIブルETF(CFD口座)」への投資方法について説明するね!

あやたかくん

参考 CFDとは?CFD口座を徹底比較!株式投資との違い!メリットは?あやたかの株ブログ

ほのかちゃん

CFD口座で取引ができる「米国VI」、「米国VIブルETF」が安定的に利益が出せるんや!株の口座(証券口座)では投資できひんの?

証券口座でも「1552 VIX短期先物ETF」って銘柄で投資できるけれど、「米国VI」、「米国VIブルETF」の方が(リスク面、利益面共に)圧倒的にメリットが大きいから、できればこの2銘柄を活用して投資した方がいいで!

あやたかくん

ほのかちゃん

なるほど・・・CFD口座を開く手間がかかるけど、少しでもメリットが大きい銘柄に投資するためには、手間を惜しまない方がいいってことやね・・・

ちなみに「米国VI」、「米国VIブルETF」は、時間の経過と共に減価(下落)していく傾向があるんやで!そのため売りは圧倒的に有利やで!

あやたかくん

参考 VIX指数、原油等に投資すると減価する理由を徹底解説!あやたかの株ブログ

2.VIX指数への投資タイミング

ほのかちゃん

売りが圧倒的に有利なんやね!!さっそく大量に売ってみよう ♪

ちょっと待って!!確かに売りが圧倒的に有利なのは過去のチャートを見れば一目瞭然やけど、一時的に大きく上昇することもあるから、売りタイミングと売り数量も重要なんやで!

あやたかくん

ほのかちゃん

それならどのタイミングで売ればいいの?

VIX指数が上昇する度に少しずつ売っていくんやけど、具体的な例を紹介するね!

あやたかくん

売りタイミングは米ヤフーファイナンス等の「VIX指数」で確認して、VIX指数の値が5上昇する毎に少量を売るイメージやで!

あやたかくん

また、売りの最低基準は15を目安にしてるで!つまり、VIX指数が10から15まで上昇した時に売って、さらに20まで上昇すると追加で売っているイメージ!その後再び10まで下落して、再度15まで上昇するとまた売るイメージやで!(11⇒15では売らない)

あやたかくん

さらに詳しいVIX指数への投資のタイミングについては下記の記事をご確認ください。

ラテ先生

参考 VIX指数の短期投資手法を徹底解説!短期投資3つのメリットについてあやたかの株ブログ

3.VIX指数に投資した場合の利益について

ほのかちゃん

具体的な利益はどれくらいになるの?

上記の例で、VIX指数が5上昇する毎に1万円ずつ売った場合の例を紹介するね!

あやたかくん

ほのかちゃん

14万円が約20.82万円になるの!? 1万円ずつ投資していくから積み立て投資みたいやね!

少額投資でもこの例のように大きな利益になるから、VIX指数が大きく上昇した場合に備えて、少額投資をおすすめするで!

あやたかくん

ほのかちゃん

ちなみに利益確定はどのタイミングでするの?

VIX指数が低い時(目安15以下程度)ならいつでもいいで!でも株と違って理論上永遠に下落していく銘柄やから長期投資目的ならずっと持っておいてもいいと思う!

あやたかくん

ほのかちゃん

長期投資するつもりやからずっと持っとく!そしてVIX指数が上昇する度に追加投資していけばいいんやね!

あと「米国VI」、「米国VIブルETF」に投資した場合は、自動的にロスカット値が設定されるから、ロスカット値を変更した方がいいで!

あやたかくん

ほのかちゃん

上記の記事を参考にすれば、ロスカット値の変更も簡単やね!
下記の記事もVIX指数投資に活かせるから参考にしてみてね!

あやたかくん

参考 「米国VI」「米国VIブルETF」に投資ができる「CFD口座」とは?あやたかの株ブログ 参考 VIX指数の短期投資手法を徹底解説!短期投資3つのメリットについてあやたかの株ブログ

「米国VIブルETFの長期投資で安定的に利益を出す方法!利益はどれくらい出るの?」についての説明はこれで終わりです。他にも分からないことがございましたら、お気軽にコメントにご質問下さい。

ラテ先生

79 Comments

yax

私もVIベア1倍ETFのロスカットレートを下げようとしたところ、8.14以下は拘束証拠金が約定金額10915円を超えていますと表示されできません。もちろん余力は数十万円あるので、余力不足ではないと思います。
システムがロスカットレートの下限を決めているのでしょうか。

返信する
あたやか

yaxさん、コメントありがとうございます。
返信遅れまして申し訳ございません。
当初は他の方も8以下はできないとの話がありましたので、システム上できなかったみたいです。情報不足で申し訳ございません。
ただ、現状では米国ベア1倍を購入すると、ロスカットレートはマイナスに設定されているそうです。

いるか

GMO
CFD取引、売買停止措置のお知らせきましたね、、
停止中は決済も不可、、
その間はロスカットもおこなわれません

っておそろしすぎる、、
米国vi売りしててロスカットなしとか
2049の即死以上にやばい、、
ロスカットされないと借金すごいことになる人とかでてくるのでは、、

返信する
スクーカム

CFD取引の売買停止の件、ロスカットされない場合も想定しなければなりませんね。
運用を始める前に知ることが出来てよかったです。 ありがとうございます。
ベア1倍が安全かな? 

いるか

Viベア1倍保有してますが一日で評価損マイナス88%になってます、、
夜の12時に買って翌日朝起きたら資産が12%になってました (笑)

レバレッジかけてたら借金まみれになってたとこです

ベア1倍もどうかな、、?
と今回思いました、、

スクーカム

いるかさん、こんにちわ。
ベア1倍の価格が下がっているので、今夜このままの価格なら買おうと思っています。
価格が変わっていなければチャンスですよね?チャンスといっても少額でいきますけど。

あたやか

スクーカムさん、こんばんは。
ベア1倍は昨日購入していると、ロスカットレートが初期からマイナスに設定されていたみたいなので、同様に本日購入して試してみたいと考えています。
同じくチャンスだと考えているので、少額で投資します。全く同意見です。

あたやか

CFD取引、売買停止措置のお知らせありましたね。
月曜日のVIX指数上昇時で売買停止になった銘柄は「米国ベア1倍ETF」でしたので、「米国VI」や「米国VIブル2倍ETF」はほぼ売買停止にはならないかと思っています。

米国VI売りでも、少額投資且つロスカットレートを変更して、レバレッジを下げることにより余力を確保することで極力リスクは低減できるかと思います。(さすがにVIX指数は上昇には限度がありますので)
投資額の参考値については下記の記事に記載しています。
参考⇒「https://ayataka.kyoto.jp/ayatakazyuku/vix」
そのためロスカットされずに借金が凄いことになることは、投資額が大きすぎることが原因になりますので、VIX指数投資は少額投資をおすすめしています。
それさえ守れば、利益が出しやすいとても魅力的な投資手法だと考えています。

また、「米国VI」に関しては売買停止措置が過去の傾向からほぼ無いと思われますし、
土日及び6:15~8:00以外は取引できますので、やはりVIX関連銘柄で一番安定感があるのは、「米国VI」かと思われます。

VIX大好き

この記事を書いた人もコメント書いてる人も何も理解していないじゃないですか。
2049の参照指標はVIX短期先物インバース日次指数で前日比90%以上下がったので償還したのです。償還は80%以上の値下がりが条件でしたからね。
これにより4%くらいしかお金は戻ってきません。
GMOのsvxy、ベア一倍も全く同じ商品性なので、無くなりますよ。簡単に言えば2049と同じ結末です。
2049だって今日は取引停止してましたよね。

返信する
あたやか

2049とGMOの米国VIベア1倍ETFはご指摘の通り確かにほぼ同じような値動きをし、2049は償還されましたが、ベア1倍は昨夜時点では無くなっておらず、取引もできますよ。
値動きが同じような商品なのは事実ですが、償還する銘柄と存続する銘柄とでは、大きな違いがあるかと思います。
また、現状米国ベア1倍を購入した方は、ロスカットレートがマイナスに設定されているため、現状ではほぼロスカットされない仕様になっています。

VIX大好き

大変失礼しました。
たしかにXIVは償還したもののSVXYは償還していないようです。
これは驚くべき商品性です。
もし理論値がマイナスになったら、つまり前日比100%以上動いたら価格はどうなるのか疑問です。
そういったときのための償還条項ですので、償還条項無しに果たしてこうした商品が成立し得るのか。
もしSVXYについて詳細が把握できたらアップデートいたします。

あたやか

VIX大好きさん、返信ありがとうございます。
全く同じくそこが疑問でした。
理論値マイナスになるとどうなるのかですよね…
SVXYについて把握できたらアップデートして頂けるととても嬉しいです!
VIX大好きさんはVIXについてとてもお詳しいと見受けられますが、ブログ等で公開されていらっしゃいますか?
もしされているならぜひ勉強させて頂きたいと思いまして…

VIX大好き

こちらこそ、失礼な私にご丁寧にありがとうございます。
色々調べましたがやはりSVXYに強制償還は無さそうです。
明確な証跡を発見した訳ではなく、これはあくまで推測ですが、今回SVXYとそれ以外の運命を分けた根本的な違いはSVXYはETFであるのに対して、XIVと2049はETNであるという点です。
つまりSVXYは購入者から集めた資産をVIX先物の期近と期先で運用し、その損益が純粋に基準価格に反映する(購入者に還元する)のに対して、2049は野村證券の子会社、XIVはクレディ・スイスに対する特殊な債券、つまりVIX短期先物日次インバース指数に基づいて市場価格を決定するけれども80%1日で動いたら強制償還するという特殊な条件の付いた債券に過ぎない(委託されたお金を運用するというスタイルではない)ということです。
債券であるがゆえに償還というアクションが発生するわけです。あくまでもホルダーは債権者の立場です。
一方、SVXYは債券ではないただの運用を委託された資産の固まりですから、償還というアクションはとれません。ただ純粋に運用損益を還元するだけです。
ポイントは、今回は80%は越えて下落しましたがギリギリ100%まではいかなかったのでSVXYは資産を全損せずに生き残ったということです。
もしも100%までいったら償還という形では無いもののSVXYは消滅していたでしょう。
そこは米国ベア一倍を取引するときに頭に入れておく必要はあると思われます。
なお、XIVと2049は債券であるがゆえに、発行体である野村の子会社やクレディ・スイスが破綻したときには指数の動きに関わらず価値が0になりますが、SVXYは発行体が破綻しても指数に基づいた基準価格分のお金は戻ってくるはずです。
XIVや2049はこうしてみるとSVXYにはるかに劣る商品でしたね。
すみません私はVIX関連に投資するのが好きなだけでブログなどはやっておりません。
今回はたまたま1552側にいたタイミングだったので助かりましたが、あまりに恐ろしく、かつ残念なイベントでした。

VIX大好き

言葉の問題ですがETFでも償還という形になるようです。
やはり即死条項が付いている商品かどうかが要点ですね。
購入者からすればバーが80%か100%かだけの違いということです。
長々と余計なことを書きました。

あたやか

VIX大好きさん、こんなに詳しく解説して頂いてほんとありがとうございます。
とても勉強になりました。ほんとそのままブログの記事にしたいくらいです。
ブログはされていらっしゃらないんですね・・・

確かに100%を超えれば0になるしかないですよね。
80%か100%か・・・2049より優位性はあるということだったんですね!
余計なことなんてとんでもないです!とても分かりやすいご解説本当にありがとうございました。
また、お時間がありましたら、ブログに遊びに来て頂けるととても嬉しいです。
今後ともよろしくお願い致します。

VIX大好き

いえいえお詫びと言いますか、少しでも参考になれば幸いです。
お詫びついでに余計なお節介ですが、記事で紹介していただいている投資法はロスカット基準が明確でないので、いつかまた同様の悲劇を生んでしまいます。
危険の兆候はバックワーデーションの強さなどに現れますので、何かしらの基準を加えると恒常的に儲かる投資法になるかと存じます。
こちらこそ、引き続きよろしくお願いいたします。

あやたか

少しどころか大変参考になりました。ほんとありがたいです。
確かに米国VIベアの記事に関しては明確なロスカット基準を定めていなかったので、今回の暴落を踏まえた新たな記事を作成しようと考えています。
危険の兆候はバックワーデーションの強さなどに現れるんですね。
個人的にはVIX指数を利用した投資方法は全ての投資の中で一番稼げる方法だと考えていますので、明確な投資手法を確立していきたいです。
アドバイスして頂きありがとうございます。

study

みなさま

情報ありがとうございます。

90%ぐらいダウンするんですね 泣。

それにしても、viベアは下がりすぎじゃないですか。

返信する
あたやか

studyさん、こんばんは。
こうやってみなさまで情報を共有できることに大変嬉しく思っています。

確かにルール通りとはいえ、VIベア下がりすぎですね・・・

GMO

2049 VIXインバースETNで200万円超の損失してしまいましたが、そんな今こそチャンスだと思っているので、わたしもVIXインバース型の銘柄比較をお待ちしています。(償還条項や売買停止の可能性などを入れて検討いただくとなお有り難いです。)
あやたか様もお忙しいようですので、気長にお待ちしています。

返信する
あたやか

GMOさん、コメントありがとうございます。
2049償還により200万円マイナスですか・・・
リスク管理面を考え、もう少しCFD口座による投資を推奨していればよかったです。ほんと申し訳ございません。
ただ、こういう状況の時こそご指摘の通りチャンスだと同様に思っていますので、CFD口座の各銘柄を徹底的に調査して比較していきたいと思います。
お気遣いして頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です