貯金だけをすると資産価値が半減!?貯金のデメリットと老後資金について

米国VIブルETFの長期投資で安定的に利益を出す方法!利益はどれくらい出るの?

ほのかちゃん

VIX指数って上昇した時に投資すれば利益が出しやすいことは分かったけど、具体的にどれくらい上昇した時に投資したらいいの?

参考 VIX指数とは?投資初心者にも分かりやすく解説【投資方法まとめ】あやたかの株ブログ

VIX指数はどこまで上昇するのか予測するのは難しいけれど、上昇しても元の水準に戻る傾向があるから、上昇する度に「売り」で分散投資をするのが、一番安定的に利益を出すことができるで!

あやたかくん

ほのかちゃん

なるほど!上昇する度に少しずつ投資すればいいのか!でももう少し具体的に教えてほしいな・・・

1.VIX指数に投資するための銘柄

ここではVIX指数に長期投資するために安定的に利益が出せる2つの銘柄「米国VI(CFD口座)」、「米国VIブルETF(CFD口座)」への投資方法について説明するね!

あやたかくん

参考 CFDとは?CFD口座を徹底比較!株式投資との違い!メリットは?あやたかの株ブログ

ほのかちゃん

CFD口座で取引ができる「米国VI」、「米国VIブルETF」が安定的に利益が出せるんや!株の口座(証券口座)では投資できひんの?

証券口座でも「1552 VIX短期先物ETF」って銘柄で投資できるけれど、「米国VI」、「米国VIブルETF」の方が(リスク面、利益面共に)圧倒的にメリットが大きいから、できればこの2銘柄を活用して投資した方がいいで!

あやたかくん

ほのかちゃん

なるほど・・・CFD口座を開く手間がかかるけど、少しでもメリットが大きい銘柄に投資するためには、手間を惜しまない方がいいってことやね・・・

ちなみに「米国VI」、「米国VIブルETF」は、時間の経過と共に減価(下落)していく傾向があるんやで!そのため売りは圧倒的に有利やで!

あやたかくん

参考 VIX指数、原油等に投資すると減価する理由を徹底解説!あやたかの株ブログ

2.VIX指数への投資タイミング

ほのかちゃん

売りが圧倒的に有利なんやね!!さっそく大量に売ってみよう ♪

ちょっと待って!!確かに売りが圧倒的に有利なのは過去のチャートを見れば一目瞭然やけど、一時的に大きく上昇することもあるから、売りタイミングと売り数量も重要なんやで!

あやたかくん

ほのかちゃん

それならどのタイミングで売ればいいの?

VIX指数が上昇する度に少しずつ売っていくんやけど、具体的な例を紹介するね!

あやたかくん

売りタイミングは米ヤフーファイナンス等の「VIX指数」で確認して、VIX指数の値が5上昇する毎に少量を売るイメージやで!

あやたかくん

また、売りの最低基準は15を目安にしてるで!つまり、VIX指数が10から15まで上昇した時に売って、さらに20まで上昇すると追加で売っているイメージ!その後再び10まで下落して、再度15まで上昇するとまた売るイメージやで!(11⇒15では売らない)

あやたかくん

さらに詳しいVIX指数への投資のタイミングについては下記の記事をご確認ください。

ラテ先生

参考 VIX指数の短期投資手法を徹底解説!短期投資3つのメリットについてあやたかの株ブログ

3.VIX指数に投資した場合の利益について

ほのかちゃん

具体的な利益はどれくらいになるの?

上記の例で、VIX指数が5上昇する毎に1万円ずつ売った場合の例を紹介するね!

あやたかくん

ほのかちゃん

14万円が約20.82万円になるの!? 1万円ずつ投資していくから積み立て投資みたいやね!

少額投資でもこの例のように大きな利益になるから、VIX指数が大きく上昇した場合に備えて、少額投資をおすすめするで!

あやたかくん

ほのかちゃん

ちなみに利益確定はどのタイミングでするの?

VIX指数が低い時(目安15以下程度)ならいつでもいいで!でも株と違って理論上永遠に下落していく銘柄やから長期投資目的ならずっと持っておいてもいいと思う!

あやたかくん

ほのかちゃん

長期投資するつもりやからずっと持っとく!そしてVIX指数が上昇する度に追加投資していけばいいんやね!

あと「米国VI」、「米国VIブルETF」に投資した場合は、自動的にロスカット値が設定されるから、ロスカット値を変更した方がいいで!

あやたかくん

ほのかちゃん

上記の記事を参考にすれば、ロスカット値の変更も簡単やね!
下記の記事もVIX指数投資に活かせるから参考にしてみてね!

あやたかくん

参考 「米国VI」「米国VIブルETF」に投資ができる「CFD口座」とは?あやたかの株ブログ 参考 VIX指数の短期投資手法を徹底解説!短期投資3つのメリットについてあやたかの株ブログ

「米国VIブルETFの長期投資で安定的に利益を出す方法!利益はどれくらい出るの?」についての説明はこれで終わりです。他にも分からないことがございましたら、お気軽にコメントにご質問下さい。

ラテ先生

79 Comments

いるか

自分は暴落前に買っているのでロスカットレートが今も8以下に変更できません (笑)
現状、取引ができるようですが、viベアsvxyの参照元がなくなればこちらも2049と同じようになくなるような噂も出てます、、
どうなるんでしょう、、?
今夜、買おうかと思ってましたが無くなってもこまるな、、
2049も保有してましたが現状若干上下していて4月に返還されるそうです

Viベアもかな?と思い、恐くて買い増しできてません

返信する
いるか

2049も本日から売買再開されたのでしばらくは取引できます
本日も売買されています
ただ、4月に返還確定でvixにはすでに連動してないです

米国viベアも再開していますがvixの昨夜の下げにすでに連動していないのが気になります、、

あたやか

いるかさん、こんばんは。
2049は本日動いていましたね。価格の変動はほぼありませんけどね・・・
米国VIベア1倍ETF(SVXY)には償還条項がないと見受けられます。(あったら教えてもらえると嬉しいです)

また米国VIベアが例え2049と同様に4月になくなるとしても、0になるのではなく、その時価で強制決済されるはずですので、現在値よりもVIX指数の低下やコンタンゴにより上昇していればプラスになるはずです。
そのため、現状のVIX指数を踏まえ、個人的にはチャンスかと考えていますので、米国VIベア1倍ETFにも投資するつもりです。
ただしメインは米国VIに売りで投資しております。

いるか

こんばんは
2049は30000円(1株)が844円~1444円に固定されて廃止日以降の返還は1144円です
ですので若干の変動はまだあります

米国viベアが本日夜以降、vixと連動して上げ下げすれば自分も買い増ししようと思います
が、明らかに連動してなかったら廃止方向を疑います (笑)
2049はカバー先がクレディ・スイス?だったような気がしますが(クレディ・スイスも返還)
Viベアはどこをカバーしてるのでしょうかね、、?
それがわからなくてちょい不安ですが

あたやか

いるかさん、こうやってたくさんのご意見を頂けてとても感謝しております。
ブログ運営のモチベーションに繋がりますので、ほんとありがとうございます。

2049は廃止日までは固定の額で変動する余地はあるんですね!
ちなみに米国ベア1倍ETFは値動きありますね。
やはり連動しているみたいです。さっそく購入しました。
米国VIベアはSVXYを元に連動しています。
参考⇒「https://finance.yahoo.com/quote/SVXY」※米ヤフーファイナンスのチャートです。

返信する
いるか

早速返信ありがとうございます

私も、早速追加購入しました
暴落前と同じ枚数なんぴん購入したので平均購入値が60まで下がりました☆

あたやか

いるかさん、こんにちは。
米国VIベア追加購入されましたか!
米国VIは見送られたんですね。
昨夜の米株は引けにかけて下落していったので、今日どう動いてくれるか注目ですね!

tom

あやたかさま

米国VIベア1倍ETFを100試しに購入しました

13x109x100÷5(レバレッジ)=28340円(この考えで合っているのでしょうか?)
が拘束証拠金となり、任意証拠金は0、ロスカットが0.83となっております
もしベア1倍が0.83になってロスカットになったら
0.83x109x100=9047
実際の運用金は
13x109 x 100=141700
損失は141700-9047になると思うのですがよく分からなくて…

それとレバレッジって変更できるのでしょうか?

返信する
あたやか

tomさん、コメントありがとうございます。
計算の方法としては自分も同じ計算をしているのであっているかと思います。

またレバレッジの変更については、ロスカットレートを変更(任意証拠金を振り分ける)することにより、実質レバレッジを変更したことになります。
参考→GMOクリック証券公式「https://faq.click-sec.com/faq/show/619?category_id=20」

tom

お忙しい中ありがとうございます
いつも楽しみにしております。皆ざま詳しいですね
勉強になります
米国VIベア1倍って-1以下にもなりうるのでしょうか?
100%以上の下落ってそういう事ですか

tom

ごめんなさい
以前のスクーカムさんの質問に0になることは無いと返答されてましたね

あやたか

tomさん、再度コメントありがとうございます。
0になることはほぼありませんが、正確には可能性としてはあります。
今回のNYダウ史上最大の下落幅では0になりませんでしたが、さらにそれを超えるリスクが1日で発生した場合は0になる可能性はあります。
ほぼ無いとは思いますが、今回のように何があるか分かりませんので、リスクとして考えておく必要はあります。

study

あやたか様

米国VIでも、ロスカット90にすれば安全と、長期で運用する自信がありません。

米国VIベアも、この下げを見たら、長期運用はどうかと、、

ロスカットを利用した戦略

短期?

米国VIでは下値がある程度決まっていそうなので、米国VIベア短期戦略に期待してしまいます。

お時間のあるときに、記事にしてもらえると勉強になります。

よろしくお願い致します。

返信する
あやたか

studyさん、再びコメントありがとうございます。
自分は元々短期で運用していたので、短期手法についてはノウハウはあります。
また時間がある時に短期投資方法について記載させて頂く予定ですので、
そのときは読んで頂けると嬉しいです。

いるか にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です